FC2ブログ

2007.10.15.23.59

秋ニ母想フテ詠メル

images

陽堕ちて 黒き翼に 怯ゆる児 我が胸の音 聴きて微睡む
るい詠める



<読み>
ひおちて くろきつばさに おびゆるこ わがむねのおと ききてまどろむ

<意味>
陽が落ちて、黒い翼に怯えていた子供は、わたしの鼓動を聴いて微睡んだ。

<解説>
「黒い翼」とは何か? 烏なのか? 烏としたら、単純に鳥類のカラス(Crow as a bird)なのか、屍肉を喰らう不吉な象徴としての鴉(Crow as an symbolism)なのか? 実際にあった秋の情景なのかそれとも心象風景なのか、如何様にも解釈出来る。
そして、それに怯えていた(我が)子の眠りについた叙景そのものもまた、如何様な解釈も可能であるのであった。
(この項:たい)

関連記事

theme : 短歌 - genre : 小説・文学

from the notebook4rui | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

https://tai4oyo.blog.fc2.com/tb.php/67-32378cb4

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here