FC2ブログ

2010.07.20.18.41

ぐわし

おもむろに掌を拡げ、その中指 (Middle Finger) と小指 (Little Finger)、この二本の指だけを曲げてみる。そして、その掌を己の前方に高々と突き出す。
それが、グワシ! (Guwashi) だ。楳図かずお (Kazuo Umezu) のマンガ『まことちゃん (Makoto-chan)』 [1976年~1981年連載] に煩雑に登場する、パフォーマンスである。

と、書いて、いつもの様にひたすらその蘊蓄を書き散らかしてやろうかと思ったけれども、作者自身が運営するサイト『楳図かずお オフィシャルホームページ (Kazuo Umezz Official Home Page)』で、殆ど書き尽くされている [こちらの頁]。

だからまぁ、作者自身がグワシ! (Guwashi) が不得手な為に、いつも巨大なグワシハンド (Guwashi Hand) を携帯しているとか、連載雑誌上の扉絵ではさっそうとグワシ! (Guwashi) を決める沢田まこと (Makoto Sawada) は、実はマンガ本編ではグワシ! (Guwashi) が不得手で、沢田家の他の面々(The Sawadas) や聖秀幼稚園うめ組 (Ume-gumi, Seisyu Kindergarten) の園児達に始終、小馬鹿にされているとか、得て知ったりの顔をして書き殴っても仕様のないものだろう。

と、いうわけで、赤塚不二夫 (Fujio Akatsuka) の描く、バカボンのパパ (Bakabon's Papa) [『天才バカボン (The Genius Bakabon)』 [1967年~1978年連載] 他]とア太郎 (Atarou) [『もーれつア太郎 (Extraordinary Atarou)』 [1967年~1970年連載] 他]をシルエットにしてしまうと全く同じヴィジュアルである様に、沢田まこと (Makoto Sawada) とタマミ [『のろいの館 [赤んぼう少女]』[1967年連載]] も、シルエットにしてしまえば、寸分違わないのだ、という事は、今回は指摘するに停めます。

images
上に掲載するのは、マンガ『まことちゃん (Makoto-chan)』 [1976年~1981年連載] でのグワシ! (Guwashi) 初登場シーン [ほうら、誇らし気な沢田家の面々(The Sawadas) にあって独り、沢田まこと (Makoto Sawada) だけがエグエグしているよ]。このグワシ! (Guwashi) は、後に"グワシ免許証 二級グワシ"と認証される。
尚、所謂****・サイン (F***er)と誤解されるので、公衆の面前で行うのは、お薦め出来ない。

次回は「」。
関連記事

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

https://tai4oyo.blog.fc2.com/tb.php/530-9671ab05

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here