FC2ブログ

2010.05.16.20.13

『追憶のランデヴー (Versions Jane)』 by ジェーン・バーキン (Jane Birkin)

images
歳をとる程、きみはいいおんなになった。

この台詞。言った方のおとこからみれば、精一杯の褒め言葉のつもりかもしれないが、果たして、言われた方のおんなには、どんな言葉として響くのか。

だからと言って、周りの女性達に感想を求めるのも野暮というものだし、それ以前に、この言葉が当て嵌まる様な御婦人には、残念ながら、未だにお逢い出来る環境が整っていない。

にも関わらずに、こんな言葉をふと想い出してしまったのは、本稿の主人公、ジェーン・バーキン (Jane Birkin) が、正にこの言葉どおりの女性だからだ。

なぁんて書くと、遥かな昔から彼女を見知っている様なニュアンスに囚われてしまうかもしれないけれども、ぼく自身が彼女に初めて接したのが1985年発表のベスト・アルバム『コワ (Quoi)』だから、お里がしれてしまう。

当時の彼女は、とっくの昔にセルジュ・ゲンスブール (Serge Gainsburg) とは離婚した頃、彼との間にもうけたシャルロット・ゲンズブール (Charlotte Gainsbourg) が『なまいきシャルロット(L'Effrontee)』 [クロード・ミレール (Claude Miller) 監督作品] での主演で注目を浴びるのが、その一年後である。
一方、ジェーン・バーキン (Jane Birkin) 本人はと言えば、映画監督ジャック・ドワイヨン (Jacques Doillon) との間には、4歳になる娘がひとり。この娘が後に女優ルー・ドワイヨン (Lou Doillon) となる。
また、離婚したとはいえ、セルジュ・ゲンスブール (Serge Gainsburg) とはビジネス上のパートナーである事には変わりなく、ぼくの記憶が正しければ、ふたりのそれぞれの作品は、ほぼ同時期に発表されて、話題となり注目されていた、と思う。
少なくとも、ぼく達の周辺では、別れた元夫婦とその一人娘の活動が、常に耳目を奪う、そんな有様だった。
それは、1991年のセルジュ・ゲンスブール (Serge Gainsburg) の死までは続いていたと思う。

そして、それと軌を一にして、元夫婦が夫婦となる前のそれぞれの活動や、パートナーとなってからの、一心同体の行動に興味を抱く事にも繋がる。

つまり、その様なかたちで彼女と彼女の周辺を、ぼくは観ていたのだ。

だから、どうしても、彼らの音楽や彼らの映画よりも、それぞれの関係性の方に、興味が向いてしまう。
このプロジェクトは一体誰が掌握し、イニシアティヴを発揮し、誰の成果として認められるのだろうか、と。

誰もが思うのは、セルジュ・ゲンスブール (Serge Gainsburg) の掌の上で、ジェーン・バーキン (Jane Birkin) やシャルロット・ゲンズブール (Charlotte Gainsbourg) が躍っているのでは、という事だろう。
実際に、セルジュ・ゲンスブール (Serge Gainsburg) はその様に、女優や歌手を弄んでいた。フランス・ギャル (France Gall) やブリジット・バルドー (Brigitte Bardot) がそうだ。違うのは、弄ばれる方の側にある彼女達が、それに無自覚なのかそれとも承知の上での、掌の上のダンスなのか、という点である。

と、いう視点で、ではジェーン・バーキン (Jane Birkin) は? と言えば。

その答えのひとつになりうるのが、本作品『追憶のランデヴー (Versions Jane)』である。

セルジュ・ゲンスブール (Serge Gainsburg) の死後、初めて制作されたスタジオ・アルバムである。彼の死から6年が経過している。
楽曲は総てセルジュ・ゲンスブール (Serge Gainsburg) 縁のものから選ばれた。

だからといって、このアルバムは追悼作でもないし、トリビュート・アルバムでもない。
選ばれた15の楽曲はそれぞれ、異なるアレンジャーに委託されて制作されている。
アレンジャーの個性と音楽的キャリアによって、それらの楽曲は、フル・オーケストラ作品にもなれば、ハープとのデュオにもなれば、NYハードコアなヘヴィなリフにもなる。

誰が彼ら選び、どの曲が彼らを選んだのだろうか。
残念ながら、ぼくが見知っているのは、レ・ネグレス・ベルト (Les Negresses Vertes) [2. ぬかるみ (La gadoue)] とヨアヒム・キューン (Joachim Kuhn) [4. 死ぬほど退屈 (Ce mortel ennui)] に過ぎないから、彼ら本来の音楽性とここでの試みとの位置関係は解らない。ジェーン・バーキン (Jane Birkin) という個性的なヴォーカリストと組む事は、彼らにとっては、日常の音楽活動の延長なのか、それとも、大冒険なのか、そこは解らない。

ぢゃあ、唄う側の彼女はどうなのか、というと、自身の為に書かれた楽曲とは然程、大きな変化はない。と、いうか、彼女のヴォーカル・スタイルは、変えようにも変えようがない。
でも、思うのだ。カトリーヌ・ドヌーヴ (Catherine Deneuve) [2. ぬかるみ (La gadoue)] やイザベラ・アジャーニ (Isabelle Adjani) [11. 愛の証し (Le mal interieur)] やフランソワーズ・アルディ (Francoise Hardy) [14. さよならが言えない (Comment te dire adieu)] の為に書かれた曲を、彼女が唄うという事の意味を。
邪推しようとすれば、いくらでも邪推出来る。かつてのおとこがほかのおんなのためにつくった曲なのだから。
それは職業音楽家のおとこならば職業としての行為でしかないのだけれども、セルジュ・ゲンスブール (Serge Gainsburg) は、その職業の枠の外に出て創作する男だ。否、少なくとも、外形的には、その様な自己演出を行ったおとこだ。
ジェーン・バーキン (Jane Birkin) は、そんなおとこの死後、そのおとこの遺した神話をさらに演出する様な形で、本作品を制作した。
そんな詭弁まがいの解読をも許されるのが、本作品である。

そおいえば、冒頭の台詞は、次の様に言い直されるのだ。

歳をとる程、きみはこわいおんなになった。

ものづくし(click in the world!)92. :
『追憶のランデヴー (Versions Jane)』
by ジェーン・バーキン (Jane Birkin)


images
追憶のランデヴー (Versions Jane)』 by ジェーン・バーキン (Jane Birkin)

1. ささいなこと
Ces Petits riens
[EDITIONS BRETON]
ARRANGEMENTS ET DIRECTION D'ORCHESTRE : JEAN-CLAUDE VANNIER
ALTOS SOLO : MICHEL MICHALAKAKOS
ALTOS : AGENS TOUSSAINT, ALINE GASPARINI, CHRISTIAN DUFOUR, JEAN CHARLES MONCIERO, OLIVIER GRIMOIN
VIOLIN SOLO : CHRISTOPHE GUIOT
VIOLINS : VERONIQUE GUAY, ALAIN PERSIAUX, FRANCOIS HARMELLE, YVES MELON, CHRISTIAN TETARD, FREDERIC VISCONTE, MARC OLIVIER DE NATTES, CONSTANTIN BOBESCO,ARNAUD NUVOLONE, MARC BONET MAURY,ELISABETH PALLAS, MARIE HELENE BERIDOT, HERVE CAVELIER, CLAIRE LISIECKI
VIOLONCELLES REGIE : PHILIPPE NADAL
VIOLONCELLES : PHILIPPE FERET, ISABELLE VEYRIER, PAUL BROUTIN
CONTREBASSES : DANIEL MARILLIER, PHILIPPE NOHARET

2. ぬかるみ
La gadoue
[SIDONIE]
ARRANGEMENTS : LES NEGRESSES VERTES*
BASE, TROMPETTE, CHOEURS : OCHOWIAK
CHOEURS : PAULUS
ACCORDEON CHOEURS : CANAVEZE
GUITARE CHOEURS : MELLINO
CHOEURS : IZA MELLINO
BATTERIE : GUENOLE BIGER
TROMBONE : GWEN BADOUX
* avec I' aimable autorisation de VIRGIN FRANCE

3. 公園を通りすぎる憂鬱
Depression au-dessus du jardin
[MELODY NELSON PUBLISHING & SIDONIE]
ARRANGEMENTS ET HARPE : CATHERINE MICHEL

4. 死ぬほど退屈
Ce mortel ennui
[WARNER CHAPPELL MUSIC FRANCE]
ARRANGEMENTS : JOACHIM KUHN
PIANO : JOACHIM KUHN
CONTREBASSE : JEAN FRANCOIS JENNY-CLARK
BATTERIE : DANIEL HUMAIR

5. エンジェルの死
Sorry Angel
[MELODY NELSON PUBLISHING]
ARRANGEMENTS ET GUITARES : SONNY LANDRETH*
* avec I' aimable autorisation de ZOO ENTERTAINMENT

6. エリザ
Elisa
[MELODY NELSON PUBLISHING & SIDONIE]
ARRANGEMENTS : DARAN* ET LES CHAISES
GUITARE ACOUSTIQUE GUITARE THEME : DARAN
BATTERIE : GILLES CHEVALIER
BASSE : ARNAUD GIROUX
GUITARES RYTHMIQUES : ERIC SAUVIAT
GUITARE FX, GUITARE HARMO : JUDGE FREDD
REGIE : PHILIPPE LE GOURDIOL
* avec I' aimable autorisation de WEA MUSIC

7. Zによる問題集
Exercice en forme de z
[MELODY NELSON PUBLISHING]
ARRANGEMENTS ET DIRECTION D'ORCHESTRE : PHILIPPE DELETTREZ
BASSE : JEAN RENE ZAPHA
BATTERIE : AFID SAIDI
GITARE : YANN PECHIN
VIOLON SOLO ET REGIE : NOELLE BARBEREAU
VIOLONS : RODICA BOGDAMAS, ANNE SOPHIE DHENAIN, ROSE MARIE NEGREA, CAROLE SAINT MICHEL, NADINE COLLON DURAND, VALIERIE BEUTIN HOCHAIN, THIERRY CADE, ALAIN CHAUMARAT, JOCELYNE MAUBRE, MARIE CHRISTINE MARTINIE MYRON, LAURA PADURARU, ISABELLE TURCHI, NATHALIE GUENET
VIOLONCELLES : PHILIPPE PENNANGUER, ANNE LE COUR, MICKAELLE DESCAMP
ALTOS : FRANCOISE BORDENAVE, BEATRICE FONTENY, BERTRAND NABOULET, LAURENT PUCHARD
HARPE : FRANCOISE DEMAUBUS
TROMBONE : STEPHAN LEGEE, SERGE BOLLAND, ERIC LOUIS
CLARINETTES : PATRICK VERVELLE, JEAN PIERRE LABASTE
TROMPETTES : OLIVIER SERGENT, FABRICE DIDIER TISSIER, FRANCIS AUBIER
HAUT BOIS : CATHERINE BOST, JEAN PHILIPPE MARTEAU
FLUTES : FREDERIC HOCHAIN, THIERRY NEURANTER
BASSON : OLIVIER SUNE
TUBA : PHILIPPE CZELADKA
COR : DENISE VOIGNIER
PROGRAMMATIONS : JEAN MORA
ASSISTANT SYNCLAVIER : JEAN DEYNOU

8. はかない恋
L'Anamour
[MELODY NELSON PUBLISHING & SIDONIE]
ARRANGEMENTS : BRUNO MAMAN* ET PATRICK GORAGUER
BASE, CLAVIERS, ACOUSTIC GUITAR SAMPLE : BRUNO MAMAN
DRUMS, PERCUSSIONS, SENDER RHODES, PIANO : PATRICK GORAGUER
* avec I' aimable autorisation de Java Productions

9. おかしなタイプライター
Elaeudanla Teiteia
[WARNER CHAPPELL MUSIC FRANCE]
ARRANGEMENTS ET ORUE : EDDY LOUISS

10. 幸せな子供たちへ
Aux enfants de la chance
[MELODY NELSON PUBLISHING]
ARRANGEMENTS ET IRECTION D'ORCHETRE : PHILIPPE DELETTREZ
BASSE : JEAN RENE ZAPHA
BATTERIE : AFID SAIDI
GUITARE : YANN PECHIN
VIOLON SOLO ET REGIE : NOELLE BARBEREAU
VIOLON : RODICA BOGDAMAS, ANNE SOPHIE DHENAIN, ROSE MARIE NEGREA, CAROLE SAINT MICHEL, NADINE COLLON DURAND, VALIERIE BEUTIN HOCHAIN, THIERRY CADE, ALAIN CHAUMARAT, JOCELYNE MAUBRE, MARIE CHRISTINE MARTINIE MYRON, LAURA PADURARU, ISABELLE TURCHI, NATHALIE GUENET
VIOLONCELLES : PHILIPPE PENNANGUER, ANNE LE COUR, MICKAELLE DESCAMP
ALTOS : FRANCOISE BORDENAVE, BEATRICE FONTENY, BERTRAND NABOULET, LAURENT PUCHARD
HARPE : FRANCOISE DEMAUBUS
TROMBONE : ERIC LOUIS
TROMPETTES : FABRICE DIDIER TISSIER, FRANCIS AUBIER

11. 愛の証し
Le mal interieur
[MELODY NELSON PUBLISHING]
ARRANGEMENT ET DIRECTION D'ORCHESTRE : PIERRE ADENOT
CLARINETTE BASSE : BRUNO MARTINEZ
CLARINETTE : THOMAS VINCENT, MICHEL RAISON
CONTREBASSE : DANIEL MARILLIER
VIOLONCELLE ET REGIE : PHILIPPE NADAL
VIOLONCELLO : CYRILLE LACROUTS
ALTO : MARC DESMONS, OLIVIER GRIMOIN
VIOLON SOLO : MAXIM THOLANCE
VIOLON : AGENS CREPEL, ELISABETH PALLAS, PATRICE MONDON
HARPE : CATHERINE MICHEL

12. フォード・ムスタング
Ford Mustang
[WARNER CHAPPELL MUSIC FRANCE]
ARRANGEMENTS : BOOM BASS POUR LA FUNK MOB

13. コーヒー・カラー
Couleur cafe
[SIDONIE & MELODY NELSON PUBLISHING]
ARRANGEMENTS ET PERCUSSIONS : DOUDOU NDIAYE ROSE
CHOERUS : JULIAN JOUGA

14. さよならが言えない
Comment te dire adieu
ADAPTATION S. GAINSBOURG [UNITED ARTISTS]
ARRANGEMENTS : GORAN BREGOVIC
ORCHESTRE DE CUIVRES DE SLOBODAN SALIJEVIC

15. 終りのない愛
Physique et sans issue
[MELODY NELSON PUBLISHING]
ARRANGEMENTS ET PANO : JEFF COHEN

ENRGISTRE ET MIXE AU STUDIO PLUS XXX (SAUF <<COULEUR CAFE>>, ENREGISTRE A KIPPI STUDIO A DAKAR, <<SORRY ANGEL>>, CHEZ SONNY LANDRETH ET <<COMMENT TE DIER ADIEU>> A PREKODOLCE PAR DORDJE JANKOVIC)
INGENIEUR : SOPHIE MASSON
ASSISTANT : PASCAL COLOMB (SAUF COULEUR CAFE : SERGE DEVESVRE)
REALISE ET MIXE PAR DOMINIQUE BLANC FRANCARD
PRODUCTION EXECUTIVE : CAROLINE MOLKO ET EMMANUEL GAUGAIN.
Tous les titres ont ete ecrits et composes par Serge Gainsburg saut <<Elisa>>, paroles de Serge Gainsburg, musique de Serge Gainsburg et Michel Colombier et <<Comment te dire adieu>>, paroles et musique de Arnold Goland et Jacob Gold.

PHOTOGRAPHIE : GILLES CAPPE
DESIGN : ALAIN FRAPPIER

(P) 1996 Mercury France
(C) 1996 Mercury France

ぼくが所有している日本盤CDには、無署名の訳詞と中安亜津子 (Atsuko Nakayasu)のライナーノーツが掲載されています。
関連記事

theme : おすすめ音楽♪ - genre : 音楽

adventures of t. g. chaung | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

https://tai4oyo.blog.fc2.com/tb.php/502-4c89cbe4

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here