FC2ブログ

2010.05.04.11.00

どなべでめだまやき

次のものを用意する。

土鍋 (Donabe : Earthenware Pot):目玉焼き器とかちび土鍋とかエッグベーカーとかケースケ君とか呼ばれる小さいもの。
生卵 (Raw Egg):2個
バター (Butter):適量 [マーガリン (Margarine) でも可]
醤油 (Soy Sauce):適量

以上、一人前である。

作り方)
1. 土鍋 (Donabe : Earthenware Pot) に、割った生卵 (Raw Egg) を落とす。
2. 土鍋 (Donabe : Earthenware Pot) の中の生卵 (Raw Egg) に、バター (Butter) [もしくはマーガリン (Margarine)] 適量と醤油 (Soy Sauce) 適量を加える [それぞれの量は、通常の目玉焼き (Fried Egg) を調理する際に、使用する量と思えばよい]。
3. 土鍋 (Donabe : Earthenware Pot) に蓋をし、火にかける。火力は弱火 (A Low Flame)。
4. 時折、蓋をあげて焼き具合を確認する。半熟 (Coddled Egg) でも固焼きでも、それはお好み次第。
5. 焼き上がったら、出来上がり。若干、焦がすくらいが丁度よい味加減。
あたたかいご飯と一緒にどうぞ。

と、いう様な目玉焼き (Fried Egg) は、どの程度、一般的なのだろう。
主役である土鍋 (Donabe : Earthenware Pot) の名称もまちまちだし、それに一般の食器店でも扱っていない。

また、焼き方も微妙に違う。食用油 (Cooking Oil) をつかうところや電子レンジ (Microwave Oven) で調理するところもあるようだ。焦がさない様に焼く、もしくは焦がしてはいけない、という論調もある。

もっともこれは通常の目玉焼き (Fried Egg) でも同じ事で、片面焼き:サニーサイドアップ (Sunny-side Up) か両面焼き:ターンオーバー (Turnover) かに始って、半熟 (Coddled Egg) なのか固焼きなのか、そしてさらに、調味料は醤油 (Soy Sauce) かソース (Worcestershire Sauce) か、と姦しかったり、喧しかったりする。
それは、それぞれの家族代々で食し方が培われ育まれた様なものなので、一昔も前ならば嫁姑の喧嘩の火種のひとつにもなりかねない。

おっと、話がそれた。
土鍋 (Donabe : Earthenware Pot) で目玉焼き (Fried Egg) の話だった。

我が家では、上記の様にバター (Butter) [もしくはマーガリン (Margarine)] を用い、しかも焼く前から醤油 (Soy Sauce) で味付けをする。
先程の「焦がさない様に焼く、もしくは焦がしてはいけない」とは逆で、焦げても構わない。むしろ、程良く焦げる様に焼く。
弱火 (A Low Flame) でとろとろと焼いている時から、バター (Butter) [もしくはマーガリン (Margarine)] と醤油 (Soy Sauce) の風味が混ざりあいながら、焦げてゆく。何ともいえない食をそそる香りがする。
そしてそれを炊き上げたばかりのご飯で喰べる。好みにもよるが、黄身 (Egg Yolk) は半熟 (Coddled Egg) が実は、お薦め。喰べる際に最初に潰して、醤油 (Soy Sauce) と混ざった出汁にまぜるとよい。
ご飯と目玉焼き (Fried Egg) を半分くらい喰べ終わった時点で、土鍋 (Donabe : Earthenware Pot) の中に、遺りのご飯を放り込む。それを中でかき混ぜながら食すと、さらに美味しい。

次回は「」。

それではピンク・フロイド (Pink Floyd) の『アランのサイケデリック・ブレックファスト (Alan's Psychedelic Breakfast)』をお聴き下さい。


"Alan's Psychedelic Breakfast" from the album "Atom Heart Mother" by Pink Floyd
関連記事

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

https://tai4oyo.blog.fc2.com/tb.php/496-223f7df7

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here