fc2ブログ

2023.07.21.06.46

Grotesque

今日は、いや、いつもか。
どこにでもある、だれもがしっていることしかかたれない。
ああ、なさけない。
でも、まぁ、しょうがねぇよな。

おまえがめにするもの、みみにするもの、それはおまえ自身がそうだからだ。
むっつのうちのふたつしかここではいわないが、ほかのよっつも御同様だ。だからこその割愛さ。

まぁ、なんでもいい。
物体、かりにそうよんでおこうや。
そいつをみて、もしくはそいつからでてくるものをきいて、おまえはなにをおもうか。
そいつがおまえの正体さ。
簡単なはなしさ。
だけれども、簡単なのはここまでだ。
たとえばおまえがその物体をうつくしいとおもう。ってぇことはおまえのなかにあるうつくしさとはそれなんだろう。
だけれども、おれが物体をみてうつくしいとおもうだろうか。しかも、そいつがおまえだとおもうだろうか。
一緒、そうではなくてもにたもの、そうでさえなかったとしても許容できる範囲にあれば、まぁ、めでたしめでたしなんだ。たとえ、おまえとおれがそいつをうばいあおうと。認識、もしくは必要性、そんな概念をおまえとおれは許容できているんだ。まんがいち、そいつがおれたちのあいだから永遠にうしなわれてしまっても、そのあとというやつを期待できるからな。

ではそのぎゃくだったら。
おまえひとりが物体をひとりじめにできる?
そんなめでてぇはなしにならっかい。
おれが受容できない物体をめでているおまえをおれが許容できるとでもおもうのかい。
そうじゃあないだろう。
物体をめぐって、おまえとおれ、このふたりの価値がまっこうからちがうんだ。
おまえ自身にたいするおれの価値や評価、おれ自身にたいするおまえの価値や評価までもが対立するんだ。

いがみあいとか、ののしりあい、そんなおじょうひんなものですむわけがない。

おたがいがおたがい、価値観のもっともことなる異物を排除しようと躍起になる、それ以外にかんがえられるか、ええ!?

[the text inspired from the song "Grotesque” from the album "Soul Burn” by Dealer]


images
the single for the song "Grotesque" by Dealer

関連記事

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

https://tai4oyo.blog.fc2.com/tb.php/3817-5d0121db

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here