fc2ブログ

2007.08.07.21.09

やもり

やもり、すなわちヤモリGecko)。
漢字では守宮と当てられるその生物は、 動物界 脊索動物門 脊椎動物亜門 爬虫綱 有鱗目 トカゲ亜目 ヤモリ下目 ヤモリ科(Animalia Chordata Vertebrata Reptilia Squamata Sauria Gekkota Gekkonidae)に属する...という生物に関する詳しい情報はこちらを御覧下さい。

例えば、水木しげるの『悪魔くん~千年王国』シリーズに登場するヤモリビトとか、石ノ森章太郎原作のTV番組『仮面ライダー』に登場するショッカー怪人 ヤモゲラスとか、切り口はいっぱいあるこの生物だけれども、今回はマウリッツ・コルネリス・エッシャー M.C. Escher)の作品に登場するヤモリGecko)を紹介してお茶を濁してしまいましょう。

images
机上に広げられたノートに描かれた紋様がいつしか生を受けて、机上におかれたオブジェのそこかしこを這い回り、また、元の様に、ノートに描かれた紋様に還って行く。
作品名は『爬虫類(Reptilien)』と、そっけないけれども、ここに描かれている全身をに覆われている生物が、ヤモリGecko)と命名されているのは、やはり彼に特徴的な、吸盤があるとされる扁たい指先やつぶらなが、きちんと表現されているからであろう。
本来ならば、机上の様々なオブジェ(三角定規やら鉢植えのサボテンやら革表紙装幀やら)の意味するものを解読し、図像学Iconography)に耽りたい欲求にかられてしまうけれども、そんな中途半端な知識欲は、正12面体の頂きで、文字どおり、鼻息も荒く、己が生を謳歌している、この作品の主人公を観ただけで、どこかに吹き飛んでしまう。
何故、ここに正12面体があるのか、そのヒントはここにあります、ドイツ語Deutsche Sprache)だけど。


夢は夢から産まれて、また、夢に還る。
しかし、その夢の存在そのものを消し去る事は出来ない。

次回は「」。
関連記事

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 2 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry


>丸義さん

個人的には、壁に吸いつくあの指先が魅力的でした(ちなみに、スパイダーマンも好きです)。

>独特の視点で捉えたヤモリ
ネタとしては、どこまでも書き進められそうな素材なんですけど、その分、超えなければならないハードルも多いんです。なので、今回はサワリだけです。suimasen

2007.08.08.21.22. |from たいとしはる feat.=OyO=| URL


小さい頃、祖母の家でヤモリをよく見かけました。
可愛いんですよね~。

=OyO=さんの独特の視点で捉えたヤモリ、
凄く面白かったです。

2007.08.08.20.37. |from 丸義| URL [edit]

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

https://tai4oyo.blog.fc2.com/tb.php/35-c74102d7

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here