fc2ブログ

2020.04.10.10.34

Rumor

けっきょくのところ、おれたちにはことばしかないからさ。
めはくちほどになんとやらとかいうけれども、そのめがとらえたものを伝達するのもことばでしかない。

みたものをそのままみせればいいって?
ふふん。
たとえ10人が10人、100人が100人、まったくおなじものをどうじにみたとしても、そいつを自身のあたまのなかで理解するのはことばによってでしかない。
その時点で、誤解も曲解もうまれるんだ。

妄想や妄言はそうやってうまれるのさ。
そして、そいつがひとからひとへ、ものからものへとつたわっていく。
だから、もうそれはどうしようもないもの、しかたがないものとして、納得していくしかない。

だけれども、そこですべてがうそである、なんて、すこしかなしいよな。

だから、おれたちはこうかんがえようぜ。

真実はたったのひとつなんかじゃない。
ひとのかずだけ真実はある、すくなくみつもっても。
そうおもってこれからさき、いきていこうや。

そのうえでおれたちは、うけとったいくつもある情報のなかから、おれたち自身がひつようなものだけを受容していけばいいのさ。
それは、ご都合主義なんかじゃあない。

あした、あいつがおまえをころしにいくぜって、きいたのならば、はなのさきでわらってすごすのもいきかたならば、手許からナイフをてばなさないのもいきかたのひとつさ。
ひつようなものとはそういう意味さ。

それをまちがえれば、安易にとらえていれば、てめえのいのちもあやうくなるだけってことよ。

[the text inspired from the song "Rumor" from the album "Lee Brice" by Lee Brice]

images
the single for the song "Rumor" by Lee Brice

関連記事

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

https://tai4oyo.blog.fc2.com/tb.php/3014-8810ea96

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here