FC2ブログ

2019.08.30.08.31

Laughter In The Rain

かさがあればいいだろう、ってそんなはなしじゃあなくってさ。
でもさ。
たとえかさがあったとしても、ようをなさないことだって充分にありうるんだから、ってはなしでもない。

まぁ、いいや。
かさのことからかたづけていこうか。

きみがたびにでるとする。そのときにかさはもっていくのだろうか。
まったくの好天が予報されていて、雨季という時節でもない。しかも、ながたびだ。できるかぎり、荷物は最小限にしたいのは当然のこと。さて、ここでかさという厄介物をもっていくかな?

ひとつの案として、ころばぬさきのつえよろしく、スティッキをかねさせるって発想はあるよな。
でも、紳士淑女が闊歩する時代でもないし、おのぼりさんという言辞もすでに死語だ。そんな現代に、そんな目的のためにかさをようだてる意義はどこにあるだろうか。

だから、まぁ持参すべき荷物からそれはまっさきにはずされるさ。それが当然だ。
その代わりに、もっと利便性のいい、雨具をそのなかにしのばせるって寸法さ。
雨がふったら早速そいつをひっぱりだして、大声でわらえばいいってわけさ。

結局、最後にわらうのはだれかってはなしなのだろうか。
それでこの駄法螺をとじてもいい。しかし、さ。

その最後ってのは、いつのことだい?
もうこれでめでたしめでたしだ、そうおもってたからかにおたけびをあげた瞬間、一切合切がひっくりかえされる。そんなことは多々あることなんだぜ。

[the text inspired from the song "Laughter In The Rain" from the album "Sedaka's Back" by Neil Sedaka]


関連記事

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

https://tai4oyo.blog.fc2.com/tb.php/2860-2a8979b5

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here