FC2ブログ

2019.03.17.08.37

RUSS MEYER'S ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACKS

images
ジャケット写真だけをみると、まるで映画『三大怪獣 地球最大の決戦 (Ghidorah, The Three-Headed Monster)』 [本多猪四郎 (Ishiro Honda) 監督作品 1964年制作] の様な様相を呈しているが勿論、そうではない。
ラス・メイヤー (Russ Meyer) 監督の、みっつの映像作品のサウンド・トラック音源を収録した作品、その映像作品は映画『肉体の罠 (Lorna)』 [1964年制作]、映画『ファスタープッシーキャット! キル! キル! (Faster, Pussycat! Kill! Kill!)』 [1965年制作]、そして映画『女豹ビクセン (Vixen!)』 [1968年制作] である。

imagesimages
初めて観たラス・メイヤー (Russ Meyer) 作品は映画『ワイルド・パーティー (Beyond The Valley Of The Dolls)』 [1970年制作] だ。数十年も昔に、TV放映されたのである。
その作品が放映されるTV局の、スポットCMを観て、ジュディ・ガーランド (Judy Garland) 主演の映画『スタア誕生 (A Star Is Born)』 [ジョージ・キューカー (George Cukor) 監督作品 1954年制作] のロック版なのだろうかと思っていた。もしくはそのリメイク作、バーブラ・ストライサンド (Barbra Streisand) 主演の映画『スター誕生 (A Star Is Born)』 [フランク・ピアソン (Frank Pierson) 監督作品 1976年制作] の女性バンド版なのだろうかとも思っていた。どちらにしてもあまり期待はしていない。単純に、その当時はロック・ミュージックを題材とした映画は少なく、仮にあったとしてもそれがTV放映される機会は殆どない。多分、そんな様な理由でチャンネルをあわせたのだ。
確かに、物語は映画『スタア誕生 (A Star Is Born)』の様な展開をしていく。女性3人によるロック・トリオは注目を浴びて人気を集める。成功への道を歩みだすとそれまで一体であった彼女達3人の結びつきが崩壊していく。新鮮な刺激を知ると同時にいくつもの誘惑にかられそれに抵抗し得ないのだ。その過程で先ず、そのバンドのマネージャーが没落していく。何故ならば、彼はメンバーの1人と恋愛関係にもあったのだから。
どこかで観てきた様な挿話、どこかで聞いた事のある逸話が、そこにはあって、そうであろうとしらけてぼくは観ている。

imagesimages
ところが、物語があらぬ方向へと突然に暴走を始めるのだ。その映画の邦題が『ビヨンド・ザ・ヴァレー・オヴ・ザ・ドールズ (Beyond The Valley Of The Dolls)』と仮名書きされるのでもなく、その映画の発想の原典である、シャロン・テート (Sharon Tate) 出演の映画『哀愁の花びら (Valley Of The Dolls) 』 [マーク・ロブソン (Mark Robson) 監督作品 1967年制作] を捩って『秘話哀愁の花びら (Beyond The Valley Of The Dolls)』とするのでもなく、『ワイルド・パーティー (Beyond The Valley Of The Dolls)』 とされた理由はきっと奈辺にある。

しかしながら、ラス・メイヤー (Russ Meyer) と謂う映像作家を意識したのはその時ではない。

それから数年後の事である。モンド (Mondo) やキッチュ (Kitsch) やカルト (Cult) と謂う言説がまかり通り始めた時代である。
それらの語句の、実体化した証拠物件でもあるかの様に、映画『ファスタープッシーキャット! キル! キル! (Faster, Pussycat! Kill! Kill!)』と、その作品のスチル写真が紹介される。

imagesimages
荒野に佇む3人の女性。その誰もがグラマラスでエロティックだ。なかでも印象的なのがその中のひとり、体型を露骨に強調する、黒の衣装を身に纏ったその女性は黒髪だった。
まるで、ベティ・ペイジ (Bettie Page) のネガを観ている様だ。何故ならばベティ・ペイジ (Bettie Page) は拘束され緊縛され虐げられているにも関わらずにいつも、そこに笑顔を見出す事が出来るのである。そんな彼女が暗転したかの様な、非情で冷酷な佇まいをその女性はしているのだ。例えそこに満面の笑みがたたえられていたとしても。その彼女こそトゥラ・サターナ (Tura Satana) である。

imagesimages
アービング・クロウ (Irving Klaw) がベティ・ペイジ (Bettie Page) を介して勇名を轟かせた様に、ラス・メイヤー (Russ Meyer) はトゥラ・サターナ (Tura Satana) を介して強く印象付けられた。ラス・メイヤー (Russ Meyer) とはとりもなおさず、映画『ファスタープッシーキャット! キル! キル! (Faster, Pussycat! Kill! Kill!)』の監督としてぼくは認知したのである。しかもその作品をぼくはまだ観ていない。そして、映画『ワイルド・パーティー (Beyond The Valley Of The Dolls)』 の監督が映画『ファスタープッシーキャット! キル! キル! (Faster, Pussycat! Kill! Kill!)』の監督でもあると知ったのは、もう少し後の話なのである。

そして、本編であるその映像作品を観ていないままに購入したのが本作である。

映画『ファスタープッシーキャット! キル! キル! (Faster, Pussycat! Kill! Kill!)』と謂う作品はその当時の米国のもうひとつの主流であるオリジナル・パンク (Origial Punk) やガレージ・ロック (Garage Rock)、そしてその後裔であるグランジ・ミュージック (Grunge Musci) に多大な影響を与えた作品ではある。しかしながら、その主題歌『ラン・プッシー・キャット (Run Pussy Cat)』こそ、オリジナル・パンク (Origial Punk) 然、ガレージ・ロック (Garage Rock) 然とした佇まいをみせてはいるが、ここで聴けるそれ以外の音楽はビッグ・バンド (Big Band) の演奏によるジャズ系 (Jazz) のサウンドである。本作品が発表された当時は、ラウンジ・ミュージック (Lounge Music) の呼称を獲得していただろうし、購入したぼくもそんな認識の基で聴いている。
ただ、他の作品とすこし違うのは、その楽曲の幾つかに映像作品の中での台詞や特殊効果 (Sound Effects) も同時に収録されている点である。その結果、音楽本来の魅力よりも [そこで観れる筈の] 映像作品自体の印象が強調される。極端な表現をすれば、未だ観ぬその作品への渇望が促されるのだ。逆に謂えば、映像と切り離されたかたちで本作品を堪能する事は出来ない。

ところで、最近になって、ぼくは本作品に収録されているみっつの映像作品を含め、ラス・メイヤー (Russ Meyer) の主だった作品を幾つも幾つも観てきたのである。

imagesimages
だから、あらためてこの作品を聴くと、それまで抱いてきた印象が僅かながらも覆されていく。
例えば映画『肉体の罠 (Lorna)』のふたつの挿入曲『エスケイプ・プリズナー (The Escaped Prisoner)』と『ルッキング・フォー・ア・ウーマン (Looking For A Woman)』だ。ドラムのブラッシュワーク (Brushwork) とベースだけで展開されるその2曲は、有り体に謂えば、フィルム・ノワール (Film Noir) の常套手段とも謂える。決して新しくもないし斬新でもない。しかし、その音楽が鳴り響く映画『肉体の罠 (Lorna)』を体験した後は、すこし異常な曲にも聴こえる。その作品で悪逆の限りを尽くすルーサー (Luther) [演:ハル・ホッパー (Hal Hopper)] の鼓動と呼吸の様に聴こえるのだ。否、それとは逆、彼の餌食となるローナ (Lorna) [演:ローナ・メイトランド (Lorna Maitland)] のそれなのかもしれない。

imagesimages
映画『女豹ビクセン (Vixen!)』はふたつの映像作品と見比べると、描かれている暴力と謂う点だけを観るとまるで腑抜けの様な印象なのだが、冷静になって考えると、いろいろと考えなければならない点が幾つも浮かぶ。
そのひとつが、主人公であるヴィクセン・パーマー (Vixen Palmer) [演:エリカ・ギャビン (Erica Gavin)] のあり方だ。ローナ (Lorna) がただただ襲われるだけの存在、つまり受動態であるのに対し、ヴィクセン・パーマー (Vixen Palmer) は逆に彼女の方から能動的に"攻めていく"。
そんなふたつの映画のふたりの主人公の間に映画『ファスタープッシーキャット! キル! キル! (Faster, Pussycat! Kill! Kill!)』のトゥラ・サターナ (Tura Satana) 演じるヴァーラ (Varla) を置いてみると、いろいろな事がみえてきそうな気がするのである。

ここをもって、拙稿冒頭に於いて、これらみっつの作品の主人公3人を怪獣に比した所以の説明となるだろうか?

ものづくし (click in the world!) 197. : RUSS MEYER'S ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACKS


images
RUSS MEYER'S ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACKS

Faster, PUSSYCAT! KILL! KILL!
Music by Igo Kantor, Bert Shefter and Paul Sawtell
1. Intro / Run Pussy Cat
2. The Race / The Killing
3. Mobile
4. The Break
5. Mysterioso Minor
6. The Snatch
7. Show Down / Run Pussy Cat

LORNA
Music by James Griffith and Hal Hopper
Vocal "LORNA" by Bob Grabeau
8. The Escaped Prisoner
9. Looking for a Woman
10. Lorna
11. Wham bam Thank You Man
12. Watching Lorna Swimming
13. Together Again

VIXEN.
Music by Igo kantor
14. The Bush Pilots
15. Vixen & The Constable
16. French Girl in Manhattan
17. back on Solid Ground

total playing time : 64:50

FOTOS & MUSIC (C) RM Films International Inc.
Artwork by Thomas Hartlage
Soundtrack Production by Normal Rec.
MANUFACTURED AND MARKETED BY NORMAL REC.

RUSS MEYER'S LORNA
Longing .... Love .... Lust .... Life .... A WOMAN ... TOO MUCH FOR ONE MAN...
CAST
Lorna ..... Lorna Maitland
The Fugitive ..... Mark Bradley
Husband James ..... James Rucker
Luther ..... Hal Hopper
Jonah ..... Doc Scortt
Ruthie ..... Althea Currier
The Fundamentalist ..... James Griffith
Grocer ..... Fred Owens
Customer ..... Franklin Bolger
Fisherman ..... Ken Parker
CREDITS
Production ..... Eve Productions, Inc. (Russ Meyer, Eve Meyer)
Direction, Camera, Editing ..... Russ Meyer
Camera Operator ..... Walter Schenk
Sound Editor ..... Jim Nelson
Gaffer ..... William Maley
Grip ..... Fred Owens
Still Man ..... Ken Parker
Screenplay ..... James Griffith and Russ Meyer
Music ..... James Griffith and Hal Hopper
Vocal : "LOARNA" ..... Bob Grabeau
b&w 1964, Running Time : 79 minutes

RUSS MEYER'S Faster, PUSSYCAT! KILL! KILL!
CAST
Varla ..... Tura Satana
Rosie ..... Haji
Billie ..... Lori Williams
Linda ..... Susan Bernard
The Dirty Old Man ..... Stuart Lancaster
Kirk ..... Paul Trinka
"The Vegetable" ..... Dennis Busch
Tommy ..... Ray Barlow
Gas Station Attendant ..... Mickey Foxx
Narrator ..... John Furlong
Student Drivers ..... Vicki Issacs, Nancy White, Harvey Lippert, Vicki Juday
CREDITS
Production ..... Eve Productions, Inc. (Russ Meyer, Eve Meyer)
Direction, Editing ..... Russ Meyer
Screenplay ..... Jack Moran
Based on an Original Story by ..... Russ Meyer
Assistant Director ..... George Costello
Camera ..... Walter Schenk
Assistant Cameraman ...... Gil Haimson
Production Manager ..... Fred Owens
Music ..... Igo Kantor, Bert Shefter and Paul Sawtell
Sound ..... Charles G. Schelling
Sound Editing ..... Richard Serly Brummer
Post-Production Sound Mixing ..... Ryder Sound
b&w 1966, Running Time : 83 Minutes

RUSS MEYER'S VIXEN.
ONLY A WILD ANIMAL IS OBLIVIOUS TO SOCIETY'S INHIBITION OF INSTINCTUAL DESIRE ......
ONLY TODY'S DEMENTED SOCIETY COULD MAKE SUCH ANANIMAL A WOMAN ..... OR SUCH A WOMANAN ANIMAL.
CAST
Vixen ..... Erica Gavin
Niles ..... Harrison Page
Tom ..... Gart Pillsbury
O'Bannion ..... Michael O'Donnell
Janet ..... Vincene Wallace
Dave ..... Robert Aiken
Jud ..... Jon Evans
The Constable ..... Peter Carpenter
Gas Station Attendant ..... John Furlong
The Young Girl ..... Jackie Illman
CREDITS
Production ..... Eve Productions, Inc. Russ Meyer
Associate Producers ..... Eve Meyer, Richard Brummer, Anthony James Ryan, George Costello
Direction, Camera ..... Russ Meyer
Screenplay ..... Robert Rudelson
Based on an Original Story by ..... Russ Meyer
Editing ...... Russ Meyer, Richard Brummer
Assistant Director ..... George Costello
Assistant Cameraman ..... Anthony James Ryan
Production Manager ..... Bill Kluck
Production Assistant ..... Robert Pergament
Music ..... Igo Kantor
Sound Editing ..... Richard Brummer, John Koester
Post-Production Sound Mixing ..... Producers Sound Service
color 1968, Running Time : 70 minutes
関連記事

theme : おすすめ音楽♪ - genre : 音楽

adventures of t. g. chaung | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

https://tai4oyo.blog.fc2.com/tb.php/2750-8f110e31

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here