FC2ブログ

2019.01.11.10.54

Charge

うん。いまがころあいかもね。

だましだましやっていったとしてもいくさきはおのずとしれているし、だからといって、それ以前にそんな機会はなかったからなぁ。
こころでおもいきって、というのは、正直なはなし、だれがかんがえたとしても大差はないだろうね。

最終的な結論はおまえ自身でだすしかないし、おれがどうこういってもしかたがないだろう。

だけれども、いいか。
自分自身の結論が確固たるものだとおもったら、その時点でいろんな人間の意見というものは、きいてみるのもひとつのてだ。

なぜって、そいつの立場や思惑が一目瞭然だから、さ。

まっこうから否定する様なやつらはきっと、いまのおまえがいちばんいいのさ。そして、そんないまのおまえが永遠につづくとでもおもっているのさ。さもなければ、おまえという存在を消費しつくしたい、そうおもっているのにきまっている。

もちろん、みみざわりのいい忠告とやらをいうやつらもいるだろうがね。
そして、このおれがそんなやつらのひとりではないという保証は一切ない。だから、いまおれがいったばかりのことだって、どこまで信用がおけるものともいえない。

つまり、おまえがおかしたあやまちは、じぶんのなかに解答がないままにそんな疑義をだしたところにある。

やすみたければやすめ。
そして、それを充電とよびたければそうよべ。

だが、つかうほうがかならずそれがおわるまでまっているとはかぎらないからな。

[the text inspired from the song "Charge" from the album "Rafi's Revenge" by Asian Dub Foundation]

images
the live album "Conscious Party" for the song "Charge" by Asian Dub Foundation

関連記事

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

https://tai4oyo.blog.fc2.com/tb.php/2706-ceca9c61

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here