FC2ブログ

2007.07.21.15.06

『カット』 by スリッツ("Cut" by The Slits)

images
このシリーズ前に紹介したスプリームスThe Supremes)が、1960年代を代表する女性グループだとしたら、パンクPunk)以降の音楽を代表する女性グループが、このスリッツ(The Slits)。勿論、一般的な知名度とかはスプリームスThe Supremes)に遥かに劣ってしまうけれども、その衝撃性とか彼らの立ち位置とかは、"女性"というこの形容句が必要なのだろうか?という程に、オリジナリティーに満ちている。

なんてったって、このジャケットである。セクシャルなシンボルとしてヌードthe Nude)画像をジャケットにあしらうアーティストやバンドは星のごとくあるけれども(そしてそおゆう画像をあしらうジャケットを利用する当のミュージシャンやアーティストが、むくつけき野郎ドモである事は多々あるのだけれども)、この様なネイキッド(the Naked)な裸身を自ら曝すミュージシャンは、当時(そして今も)皆無です。そう、つまりは、ヌードthe Nude)ではなくてネイキッド(the Naked)というところに、このジャケットの意図は勿論、それが梱包する音楽も指し示されている。

"The slits cut."もしくは"Cut the slits."

バンド名と作品名を単純に並べると、こんな感じ。"slit"という言葉には女性器という意味がある事くらいは、書き添えておくから、後は各々でイメージを汲み取って下さい。

"自由奔放"という言葉の果てには、"粗野な暴力性"があるのだろうか?
"純粋無垢"という言葉は"弱肉強食"と同義語なのだろうか?


このYoutube画像は、映画『ジュビリーJubilee)』[デレク・ジャーマンDerek Jarman)監督作品]からのもので、彼女達が演奏している楽曲は、「Newtown」。アルバム収録バージョンと聴き比べてみて下さい。

この作品を一聴すると、レゲエ(Reggae)やダブ(Dub)を基調とした、ポップな色彩を、先ずは感ずるかもしれない。しかし、何度も何度も聴けば聴く程に、無垢で純粋な精神のみが持つ、暴力性や残虐性が潜んでいる事を感じ取る事が出来るだろう。それを「女性性特有のもの」と指摘する程、僕はイノセンスでもピュアでもないけれども(下の楽曲クレジットをクリックすれば、殆どの楽曲を聴く事が出来る。粗い映像にだまされる事なく、彼らの音楽に耳を傾けて欲しい)。

彼女達の奏でる自由な音楽にビシッと筋道を通す二人の男性のお仕事もきちんと評価する事もお忘れなく。
ひとりは、バックを支えるドラムスのバッジー(Budgie)、後にスージー&ザ・バンシーズ(Siouxsie and the Banshees)に加入して、ここでも彼らの音楽を支え続けます。
もう一人は、デニス・ボーヴェル(Dennis Bovell)、本作をプロデュースした男。パンクPunk)とレゲエ(Reggae)の1980年代の蜜月時代を音楽的な立場でクリエイトします。当時、マトゥンビ(Matumbi)のメンバーでリントン・クエシ・ジョンソン( Linton Kwesi Johnson)の諸作品ポップグループ(The pop Group)のこれもまた衝撃的なファースト・アルバム『Y(最後の警告)(Y)』をプロデュースします。

ものづくし(click in the world!)57.:
カット』 by スリッツ("Cut" by The Slits)


images
カット』 by スリッツ("Cut" by The Slits)

Side 1
Instant Hit
So Tough
Spend,Spend,Spend
Shoplifting
FM

Side 2
Newtown
Ping Pong Affair
Love und Romance
Typical Girls
Adventures Close To Home

Created by the slits and Palmolive
Drummer Budgie Produced by Dennis Bovell


In Time at the Right Time
Nora,Don Letts,Clive Langer,Disc O'Dell
Studio : Ridge Farm Engineer : Mike Dunne
Photo : Pennie Smith Sleeve : Bloomfield/Travis
Cartoon by Viv Cartoon by Brian Gaylor


Virgin Music(Publishing)Ltd.
(P) 1979 Islands Records Ltd.

僕が所有している国内盤(発売元:株式会社ポリスター)LPには、無署名の解説と歌詞が掲載されています。

関連記事

theme : おすすめ音楽♪ - genre : 音楽

adventures of t. g. chaung | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

https://tai4oyo.blog.fc2.com/tb.php/27-0cbc518c

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here