FC2ブログ

2018.12.16.08.33

『110番街交差点 オリジナル・サウンドトラック (ACROSS 110TH STREET original motion picture soundtrack)』 by ボビー・ウーマック J・J・ジョンソン (BOBBY WOMACK J.J. JOHNSON)

originals
映画は未見である。
作品の名義者として掲げられている2人のアーティスト達の、それぞれの単独作品も実は所有していない。

その2人について、ぼくが語れる事はごく僅かだ。

images
ボビー・ウーマック (Bobby Womack) の歌唱は、ザ・ローリング・ストーンズ (The Rolling Stones) の楽曲をブルース (Blues) 系のアーティスト達がカヴァーしたアルバム『ペイント・イット・ブルー~ソングス・オブ・ザ・ローリング・ストーン ( Paint It, Blue - Songs Of The Rolling Stones [This Ain't No Tribute])』 [1997年発表] として所有している。彼はその作品に於いて『イッツ・オール・オーヴァー・ナウ (It's All Over Now)』 [1964年発表 アルバム『ペイント・イット・ブルー~ソングス・オブ・ザ・ビッグ・ヒッツ [ハイ・タイド・アンド・グリーン・グラス] (Big Hits [High Tide And Green Grass])』収録] を演奏している。これは彼自身がヴァレンティノス (The Valentinos) のメンバーとして発表した楽曲『イッツ・オール・オーヴァー・ナウ (It's All Over Now)』 [1964年発表 アルバム『ルッキン・フォー・ア・ラヴ (Lookin For A Love)』収録] のセルフ・カヴァーなのである [そのヴァージョンはこちらで試聴可能だ]。その結果、制作開始当初はあったであろう、ブルース・ミュージシャン (Blues Musicians) の演奏によるジャガーリチャード (Jagger = Richards) 作品集と謂うコンセプトは頓挫してしまっている。意趣返しと謂う視点からみれば納得できる筋書きではあるが、単純に頑固な親爺 (Stubborn Old Man) だなぁと、ぼくには思えてしまう。

images
J・J・ジョンソン (J. J. Johnson) は、カイ・ウィンディング (Kai Winding) との双頭コンボ、ジェイ・アンド・カイ (Jay And Kai) での活躍で知られていて、代表的な作品は幾つか聴いてはいるが、所有までには至っていない。ぼくの手許にある彼の演奏はマイルス・デイヴィス (Miles Davis) のアルバム『ウォーキン (Walkin')』 [1957年発表] として、だ。そこで演奏されるタイトル曲『ウォーキン (Walkin')』での彼のアドリヴは名演として知られている。そればかりではない。彼と謂うアーティストを紹介する語り口の、その殆どでそこでの演奏に触れぬものはない。馬鹿のひとつ憶え (A Fool's Bolt Is Soon Shot. ) の様だ。
それを回避する為にはぼくの場合は、この映画音楽作品を挙げれば良いのだろうか。

もう少し、重箱の隅をつつけば、彼等に関して記述出来る事が出てくるかもしれないが、そんな事ばかりを開陳しても、面白い記事になるのではない。
視点を変えよう。

ぼくにとっては、事の起こりはフランク・ザッパ (Frank Zappa) なのだった。

imagesimages
膨大な作品群〜楽曲群を遺した彼にとって、唯一、自身の手許に戻らなかった作品がある。映画『フランク・ザッパの200モーテルズ (200 Motels)』 [フランク・ザッパ (Frank Zappa)、トニー・パーマー (Tony Palmer) 監督作品 1971年制作] のサウンドトラック盤『200モーテルズ (200 Motels)』 [1971年発表] である。作品に関する権利を手中に収める事が出来ず、彼自身のレーベルから発売する事が出来なかった。と、同時にその作品の権利を有するメトロ・ゴールドウィン・メイヤー (Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc.) からCD化される事もなかった。
しかもその作品は、映像作品の為の音楽であると同時に、フロー・アンド・エディー (Flo And Eddie) ことマーク・ヴォルマン (Mark Volman) とハワード・ケイラン (Howard Kaylan) のヴォーカルをフィーチャーしたバンドに加えて、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 (Royal Philharmonic Orchestra) をも擁したその作品は、当時の彼の試みたい事柄の殆どに挑む事が出来た作品なのである。
ぼくの様に遅れてやってきたファンにとっても当時は、忸怩たる想いをさせられていた。

ところがある日、こんなニュースが飛び込んでくる。その作品を含む膨大な映画作品のカタログの発売権をライコディスク (Rykodisc) が手に入れたと謂うのだ。
ライコディスク (Rykodisc) と謂えば当時、埋もれた名作にも埋もれていない傑作にも、実に丁寧な作業を施して、CDとして再発する事に関しては定評があった。
フランク・ザッパ (Frank Zappa) 自身に、その権限が戻らないとしても、ライコディスク (Rykodisc) から発売されれば、それなりのクオリティが望めるのではないか、そんな期待をぼくに抱かせたのである。

以降、ライコディスク (Rykodisc) から発売される映画音楽作品を買い漁る時季がしばらく続く。勿論、そこから発売された『200モーテルズ (200 Motels)』 も入手した。
観た事もない映画であろうと、聴いた事もない映画音楽作品であろうと、ほんのちょっとでもひっかかる部分があると購入していたのだ。
そして、その理由のひとつに発売される殆どの作品がCDエクストラ (Enhanced CD) として、本編である映画作品にちなんだ映像も収められていた点だ。
CDと謂うメディアの可能性すら追求している、そんな気にもさせられたのである。

<moviemovie
本作はそのなかのひとつ、映画『110番街交差点 (Across 110th. Street)』 [バリー・シアー (Barry Shear) 監督作品 1972年制作] のサウンドトラック盤なのである。
ぼくが購入した理由は、ひとつにはこの作品がブラックスプロイテーション (Blaxploitation) のひとつである様に想えた事 [主演男優でありその映画の製作総指揮者 (Executive Producers) の1人であるアンソニー・クイン (Anthony Quinn) は映画ポスター等では、なぜか破格に小さく扱われている] 、そしてブラックスプロイテーション (Blaxploitation) の幾つかの映画音楽作品を既に、映画を離れた単独作品として堪能していた事、そして名義者である2人のミュージシャンが既知であった事だ。
ちなみに本作のCDエクストラ (Enhanced CD) としての機能は、映画予告編の収録として発揮されている。

そんなやや不純な動機で本作品に出逢ってしまったのだが、それとは全く違ったかたちで、この映画の主題歌にぼくは遭遇した。
映画『ジャッキー・ブラウン (Jackie Brown)』 [クエンティン・タランティーノ (Quentin Tarantino) 監督作品 1997年制作] の主題歌として、なのだ。

imagesimages
その映画を観る以前に、映画音楽作品として聴いたのが最初だ。拳銃を構えたパム・グリア (Pam Grier) がこちらを見据えるアルバム『ジャッキー・ブラウン (Jackie Brown : Music from the Miramax Motion Picture)』 [1997年発表] の冒頭に収められている。初めて聴いた時は吃驚した。どうして、この曲がここにあるの? と。その作品の所有者 [ある友人宅で聴かせてもらったのだ] に尋ねても得心は得られない。
しかし、その映画を観ると、その曲がそこでもたらされている意味が立ち所に理解させられる。
その映画の中では、パム・グリア (Pam Grier) 演じる主人公ジャッキー・ブラウン (Jackie Brown) は、ルビコン川を渡らねばならない (Having To Make A Crucial Decision) 状況に追い込まれ、そして物の見事に渡りきってしまうからだ。彼女が超えねばならぬそこを象徴しているのが、その映画に於ける楽曲「110番街交差点 (Across 110th. Street)」なのである。

images
ところで映画『110番街交差点 (Across 110th. Street)』は、その粗筋をみると世代も人種も違う2人の刑事、マッテリ警部 [演:アンソニー・クイン (Anthony Quinn)] とポープ警部補 [演:ヤフェット・コットー (Yapt Kotto)] の、ある事件を追う様を描いたモノである様だ。
そこだけに注目してみると、まるで映画『メン・イン・ブラック (Men In Black)』 [バリー・ソネンフェルド (Barry Sonnenfeld) 監督作品 1997年制作] での主演2人、 Kことケビン・ブラウン ( Kevin Brown aka Agent K) [演:トミー・リー・ジョーンズ (Tommy Lee Jones)] とJことジェームズ・エドワーズ (James Darrell Edwards III aka Agent J) [演:ウィル・スミス (Will Smith)] の元ネタであるかの様にみえてしまう。

ものづくし (click in the world!) 194. :
『110番街交差点 オリジナル・サウンドトラック (ACROSS 110TH STREET original motion picture soundtrack)』
by ボビー・ウーマック J・J・ジョンソン (BOBBY WOMACK J.J. JOHNSON)


originals
110番街交差点 オリジナル・サウンドトラック (ACROSS 110TH STREET original motion picture soundtrack)』 by ボビー・ウーマック J・J・ジョンソン (BOBBY WOMACK J.J. JOHNSON)

ブラック・シネマ究極のサスペンスとグルーヴ感。

ボビー・ウーマックの最高傑作と呼ばれ、マイルスとの客演でも有名なJ・J・ジョンソンとのコラボレイトで生み出されたブラック・シネマ・サントラの最高傑作「110番街交差点」のオリジナル・サウンドトラック盤が遂に登場。さらにエクストラCDに映画の予告編を収録。

■最新ライナーノート完全対訳付
■オリジナル公開時のポスターをカラー・スリーブ内で復刻

1. 110番街交差点
 Across 110th Street
2. ダイアローグ~ウィ・ソート・ウィ・ワー・オーケイ
 We Thought We Were Okey*
3. ハーレム・クラヴィネット
 Harlem Clavinette
4. イフ・ユー・ドント・ウォント・マイ・ラヴ
 If You Don't Want My love
5. ダイアローグ~パンク・イランド・ボーイ
 Punk Errand Boy*
6. ハング・オン・イン
 Hang On In There
7. ダイアローグ~ザ・マン
 The Man*
8. クイックサンド
 Quicksand
9. ダイアローグ~150ラウンズ
 150 Rounds*
10. ハーレム・ラヴ・テーマ
 Harlem Love Theme
11. ダイアローグ~シック&タイアード
 Sick & Tired*
12. 110番街交差点(インストゥルメンタル)
 Across 110th Street (Instrumental)
13. ダイアローグ~テイク・ザ・マネー
 Take The Money*
14. ドウ・イット・ライト
 Do It Right
15. ハング・オン・イン・ゼア
 Hang On In There
16. イフ・ユー・ドント・ウォント・マイ・ラヴ
 If You Don't Want My Love
17. ダイアローグ~ディス・イズ・ザ・ポリス
 This Is The Police*
18. 110番街交差点
 Across 110th Street part 2

track 1, 4, 8, 14, 15, 18 performed by Bobby Womack & Peace
track 3, 6, 10, 12, 16 performed by J. J. Johnson and His Orchestra

song written and performed by BOBBY WOMACK
musical score composed and conducted by J.J. JOHNSON

*original incidental dialogue from the film

Release Produced by Jeff Rougvie and Andrea Troolin
Art Direction & Designed by Ph. D
Mastered by Dr. Toby Mountain @ NDR
Production Assistance : Lukas Kendall

Special Thanks to the following people for their help in the rerelease of this album : Christine Bergren, David Bishop, Tom Briggs, Rodney Davis, Paul Dickman, Renee Galka, Robert Hardenbrook, Dirk Hebert, Mick Hodgson, Marla Ludwig, Frank Mancuso, Sam McCay, Gregor Meyer, Chris Neel, Beth Pickett, A. Robert Pisano, Chris Saito, Michael Sandoval, Anthony Sclafani, Sheri Shapiro Levy, Victoria Stokdyk, Traci Swartz, Darren Trattner.

Original incidental dialogue from the film performed by Anthony Quinn, Yaphet Kotto, TTony Franciosa, Gilbert Lewis, Charles McGregor and Richard Ward. Track 1, 12 & 18 written by B. Womack - J. J. Johnson, Tracks 6, 8, 14, 15 & 16 written by B. Womack, Tracks 3 & 10 written by J. J. Johnson. Track 4 written by B. Womack - G. DeWitty

ANTHONY QUINN YAPT KOTTO in "ACROSS 110TH STREET" with ANTHONY FRANCIOSA as Nick D'Salvio
Produced by RALPH SERPE and FOUAD SAID
Executive Producers ANTHONY QUINN and BARRY SHEAR
Screenplay by LUTHER DAVIS Based on the novel by WALLY FERRIS
Directed by BARRY SHEAR
A FILM GUARANTORS, INC. Production

ACROSS 110TH STREET TM, (P) AND (C) 11972, 1997 METRO-GOLDWYN-MAYER STUDIOS INC ALL RIGHTS RESERVED.
MANUFACTURED AND MARKETED BY RYKODISC UNDER EXCLUSIVE LICENSE.

ぼくが所有している国内版CDに掲載されている、ダグ・アダムズ (Dag Adams) によるオリジナル・ライナーノートの対訳は小田綾子によるものである。
関連記事

theme : おすすめ音楽♪ - genre : 音楽

adventures of t. g. chaung | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

https://tai4oyo.blog.fc2.com/tb.php/2687-ff160448

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here