fc2ブログ

2018.12.14.10.49

Yesterday's Hero

むかしっからいうよな。
頂点にたつのはむずかしい。
しかし、そこにとどまることはさらにむずかしい、って。

つまり、きょうという日は一瞬にしておわる。いつもおのれがてにしているのは、きのうの出来事だって、な。
なさけないはなしさ。
だって、だれもがおいもとめているのは、あした、なんだろう?

たったいまをかみしめることもできないくせに、のぞんでいるのは、それよりもさらにうえの次元なのだから。
業っていうのかね。それともただの強欲なのかね。

だから、たとえどんなやつであろうとも、かつて頂点にたったやからはほめそやされるのさ。そしてその結果、そいつにおぼれる。
みながもとめているのは、いまのおまえではない、かつてのおまえだったことを、ついわすれてしまうのさ。
しかも、それが代替物だというからおわらいぐさだ。

自身ではけっしててにいれられないものをかつててにいれた、そいつらの念頭にあるのは、自身をそいつにすりかえてみているただの夢、そんなもんだ。

おまえがそれにきづくきづかないかはさして重要ではない。
なぜならばそれはすでに過去の遺物だし、いまさらそいつのなにがしを追求しても、探求しても、どうしようもないだろう。
過去にすがっても、過去をみつめても、なにもえるところはない。

いま、ここにこうしてしゃがみこんでいるのはきょうのことだし、はらをすかしているのはあしたもおんなじことなのだ。

[the text inspired from the song "Yesterday's Hero" from the album "Hero" by John Paul Young]


関連記事
a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

https://tai4oyo.blog.fc2.com/tb.php/2685-98add6c3

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here