FC2ブログ

2018.02.23.10.26

Invisible Light

そうさなぁ。こんなちっぽけな舞台であったとしても、実際にスポット・ライトがあたるのはたったひとりだからなぁ。
そして、それをうばいあうのが、演劇なんだから。

勿論、主役も敵役もとっくにきまっている。恋人役だって、狂言廻だって、道化役だって、それはおなじ事。
だけれども、そんな役をひきうけたとしても、注目されるとはかぎらない。

下手すれば、端役にすら、おかぶをうばわれかねない。
それが演劇さ。

つまり、不可視の光線がある日ある時、可視化される、というわけだ。

それは演劇の神様のたんなるきまぐれなのかもしれないし、その役者の不断の努力、そのたまものかもしれない。
才能や実績があるからといって、それがみなのめをひくとはかぎらない。

じゃあ、どうすればいいかって?
しらないよ。

しっていたら、自分自身にあてるだけだもの。
さもなきゃあたるやつと、どうやってうまい具合にくんでいけるか、かんがえるのはそんなところさ。
そいつをつかってひとやまあてることだって、できるわけだもの。

だからさぁ、いいかげんにやめないか?
いるんだかいないんだかわからない、みているんだかみていないんだかわからない、神様ってやつの御慈悲をこうのは。

[the text inspired from the song "Invisible Light" from the album "Night Work" by Scissor Sisters]


関連記事

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

https://tai4oyo.blog.fc2.com/tb.php/2485-7ae09a19

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here