FC2ブログ

2018.02.09.11.48

Great Balls Of Fire

きっときみはよる、めざめるのにちがいないのだ。
そしてきづくのさ。

そこはまっくらだ。まったくなんにもみえない。
いつものことならば、あかりがもれているだろう。それがいっさい、みえないんだ。

そればかりではない。
なんにもきこえないのさ。
まよなかだとしても、酔客のこえがとびかうこの街なのにさ。
なのに、猫のこ一匹、なきもしない。

おそろしいだろう。
おそろしいのにきまっている。
だってきみは、そのやみのなかでたったのひとりっきりなのだから。

そのやみのくろさはどうだ。
そのやみのくらさはどうだ。

たえきれなくなったきみは、やもたてもたまらず、めをとじてしまうんだ。
なんのすくいにもなりはしないのに。
そうせざるをえないのだ。

だが、どうだ。
にげばをうしなったきみがとった最後の手段は。
はからずも、それが最良の手段だったらしい。

とじてしまった瞳が、それをみいだしたのさ。
もしもかりに金輪際、あさというものがうしなわれたとしても、にどとひかりをおがめなくなったとしても、それだけはそこでまっていてくれる。
きっときみはそうしんじるのにちがいない。

[the text inspired from the song "Great Balls Of Fire" by Jerry Lee Lewis from the original soundtrack album "Great Balls Of Fire! Original Motion Picture Soundtrack" for the movie "Great Balls Of Fire" directed by Jim McBride]


関連記事

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

https://tai4oyo.blog.fc2.com/tb.php/2475-0e19aef5

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here