FC2ブログ

2017.12.15.10.06

Xenogenesis

かんがえちがいをおこしてもらってはこまる。
木に竹をつぐようなことは実際、ありえないんだから。

歴史の年表にあるように、すぱっと一線がひかれて、それ以前とそれ以後をまったくことなる色彩でぬる、そんな事はないんだから。あれはあくまでも便宜上の話、極端にいえば、うそ、だよ。

ものすごいおおきなちからがそこにはたらいて、これまでのうごきやながれに断絶をおこす。そんな夢をきみはみたいのかもしれない。

維新だとか革命だとかいうけれども、それだって、めにみえないところでは、緩慢な継続というのはそっくりそのまま継承されていく。実際、これまで歴史をうごかしてきたおおきな事件があったとしても、そのうらでは反動がおきているだろう。それがその証拠さ。

えさをくらい、あせをながし、糞をたれる。
その結果、その生物のふるくなった細胞は死に、あらたにうまれた細胞がとってかわる。
何年も経過すれば、それまでその生物を構成していた細胞の一切がいれかわっている。でも、生物は生物のままだ。外見も中身もなにもかわっていない。

世代交代、新陳代謝とはそれだ。
気がつけばそっくりそのまま、それまでとはすっかりちがったものとすりかわっている。

為政者や統治者がめざすのはそれでなければならない。

いまどき、独裁ははやらないからね。

[the text inspired from the song "Xenogenesis" from the album "Tasty Album 001 - Entree" by TheFatRat]

images
the single for the song "Xenogenesis" by TheFatRat

関連記事

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

https://tai4oyo.blog.fc2.com/tb.php/2433-6b322040

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here