FC2ブログ

2008.08.24.19.41

"de serge gainsbourg a gainsbarre" by serge gainsbourg

images
その唄われている言語を充分に理解出来ないくせに、その音楽を聴くという行為。それがどれほど大きな矛盾を孕んでいるのか、解っているくせにそれでも、他言語で唄われている音楽を聴いているのは、それが素晴らしいからどうしようもないんだ、と己にいつも言い聞かせてみる。

しかし時として、その唄われている言葉が理解出来ない事が、とてつもない足枷に想えて仕様がない。そんな時がある。
ここで、紹介するセルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)の音楽は、その代表格です。

最初は、ジェーン・バーキン(Jane Birkin)。
その次は、歌手としてのブリジット・バルドー(Brigitte Bardot)。
いい歳こいた中年親爺の女装メイク(Love on the Beat)のショッキングなポートレイト。
そして、己の実娘シャルロット・ゲンズブール(Charlotte Gainsbourg)とのいかがわしいデュエット。
そんな妖しい点と点を結ぶ作業に勤しんでいた僕の画帳に現れたのが、この男、セルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)だ。

今では、もう既に死語となってしまっている「チョイ悪親爺」の代表的な人物として蕩尽されかけていた人物である。まぁ、もっともご本人は遠く離れた東の島国で、そんな身も蓋もない扱いを受ける随分と前に、おっ死んでいるんだけれどもね。

セルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)の音楽は、乱暴に一言で断言してしまえば、己の中にない異物を咀嚼し同化する為の音楽だと想うのだ。
あえて言えば、エキゾチシズムExoticism)の音楽。

フランス・ギャル(France Gall)から始って、ブリジット・バルドー(Brigitte Bardot)、ジェーン・バーキン(Jane Birkin)、カトリーヌ・ドヌーヴ(Catherine Deneuve)、そして己の実の娘シャルロット・ゲンズブール(Charlotte Gainsbourg)との共同作業は、己の中にない(筈の)女性性との格闘の結果なのである。
素材としての歌手=女優がそこにいて、それに楽曲提供をする、それとは別次元の共同作業を彼は常に要求する。その結果、ワイドショー・ネタと見紛う程の、スキャンダラスな話題になってしまうのだけれども、冷静に観てみれば、それは古典的な虚実皮膜論に他ならない。

愛の歌を創る、愛の歌を交歓する、愛の歌を唄う。
それはつまり。
愛を創る、愛を交歓する、愛を唄う。
勿論、逆もまた真なり、である。

その女優達との蜜月に等しいものが、彼にとっての、汎カリブ・ミュージック(Caribbean Music)だったり、(異言語 / 異文化としての)英語ぢゃあないかと、僕は想う。

汎カリブ・ミュージック(Caribbean Music)に関しては、例えばここで紹介している二枚組のベスト・アルバムを聴いていけば、自ずと解るだろう。レゲエ(Reggae)やキューバン・ミュージック(Cuban Music)等が世界的に注目される随分と前から、その手法を導入している。
(尤も、英米とは異なる、音楽の輸入経由が彼の属する音楽界にあって、あえて指摘するまでもなく、それは至極当然なものかもしれないが。)

そして、彼の音楽にとってのもうひとつの重要な要素が、(異言語 / 異文化としての)英語ではないかと、僕は睨んでいるのだけれども、それを充分に語りきる為の、言語力が残念ながら、僕にはない。

だから、あくまでも仮定の話として、次のエピソードを語る。

1968年放映のTV番組『今宵バルドーとともに(Brigitte Bardot Show)』の共演者に、ブリジット・バルドー(Brigitte Bardot)はセルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)を抜擢する。
その時点で既に彼らは恋愛関係にあったのだろうか、それとも、これを端緒にしてふたりの交際が始ったのだろうか。その辺の時間軸は常に微妙である。と、いうか微妙でなければ、コトは何も起こらないし、何も始らない。常に曖昧模糊な感情と曖昧模糊な行動が錯綜しなければ、ヒトはヒトを愛せない(違うかな?)。
それはともかく(苦笑)。
そこで唄われたのがかの「ハーレー・ダヴィッドソン(Harley Davidson)」や「ボニーとクライド(Bonnie and Clyde)」。
前者は、ハーレーダビッドソン(Harley Davidson)とブラック・レザーのブリジット・バルドー(Brigitte Bardot)の取り合わせがとてもエロティック。まるで、ケネス-アンガー(Kenneth Anger)の『スコピオ・ライジング(Scorpio Rising)』のソフィスケイテッド・ヴァージョンの様だ(ちょっと誉め過ぎ!?)。
一方の後者と言えば、ふたりの関係性を問わず語りに語っている様なもので、恋愛感情はもっているものの抱く事が出来ないカップルの共犯関係をテーマにしている[実在したクライド・バロウ(Clyde Barrow)はゲイだったというし、方やブリジット・バルドー(Brigitte Bardot)は当時、既婚者だ]。
ここまではよくある話。
だが、問題となったのは、「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ(Je T'Aime …Moi Non Plus)」という曲だ。いったんはレコーディングされたものの、あまりにも赤裸々な愛情告白、というよりもふたりの関係性そのものを唄ってしまったばかりに、畏怖した彼女からの要請により、未発表とされてしまう。
この顛末によって、ブリジット・バルドー(Brigitte Bardot)とセルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)の関係は醒めてしまう。
そんな状況下のセルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)の前に現れたのが、売れない英国出身の女優、ジェーン・バーキン(Jane Birkin)だった。

セルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)作品における英語詞での、執拗な程に韻を踏むその作詞術は、ジェーン・バーキン(Jane Birkin)との出逢いによって獲得出来たものなのだろうか? それとも、仏語詞でも既に行われていて、自家薬籠中のものとなっての後の事なのだろうか?
つまり、僕が知りたいのは、彼の言葉遊びとも見紛う、ポップで聴きやすいメロディに乗せて唄われている、ことばそのものを知りたいのだ。

いずれにしろ、ジェーン・バーキン(Jane Birkin)とのデュエット「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ(je t'aime... moi non plus)」によってばらまかれたスキャンダラスなイメージによって、彼は本国はもとより世界的な知名度を獲得する。

もしも、ブリジット・バルドー(Brigitte Bardot)との関係がその後も続いていたら、セルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)はどうなったのだろうか?
公私の私の部分はともかくとしても、公、つまり音楽家としての評価はここまでのものを得る事は出来なかったんぢゃあないかと想う。
当時のセルジュ・ゲンズブール(Serge Gainsbourg)は、異物ブリジット・バルドー(Brigitte Bardot)を咀嚼し同化するちからを持っていなかったんぢゃあないのだろうか、と想う[よかったらこちらも参照して下さい]。

p.s. 彼を語るのにもうひとつ大事な要素に、煙草がある。しかし、とっくの昔に喫煙の習慣をやめてしまった僕には、これもまた、大きなハードルだ。いつもの様に、下に列挙した楽曲リストをクリックすれば、彼にとっての喫煙が如何に大事なものなのか、理解出来るかもしれない。

ものづくし(click in the world!)71.:
"de serge gainsbourg a gainsbarre" by serge gainsbourg


images
"de serge gainsbourg a gainsbarre" by serge gainsbourg

"je suis, petit voleur, grand faussaire, flambeur,vitriole, depressif, pessimiste forcene, fier, tricard, indelebile, maladroit,addict et violent"

compact 1
1 le poinconneur des Lilas* 2.40
(1958) arrangements et direction d'orchestre : Alain Goraguer
editions Warner Chappell Music France. (P) 1958 Mercury


2 l'eau a la bouche 2.27
extrait de la BOF "l'eau a la bouche"
(1960) arrangements et direction d'orchestre : Alain Goraguer
editions Warner Chappell Music France. (P) 1960 Mercury


3 la chanson de Prevert 2.58
(1961) arrangements et direction d'orchestre : Alain Goraguer
editions Warner Chappell Music France. (P) 1961 Mercury


4 black trombone 2.36
(1962) arrangements et direction d'orchestre : Alain Goraguer
editions Warner Chappell Music France. (P) 1962 Mercury


5 la javanaise 2.27
(1963) arrangements et direction d'orchestre : Harry Robinson
editions Warner Chappell Music France. (P) 1963 Mercury


6 chez les ye-ye 2.26
(1963) avec Elek Bacsik a la guitare electrique et Michael Gaudry
a la contrebasse,production artistique : Claude Dejacques
editions Warner Chappell Music France. (P) 1963 Mercury


7 elaeudanla teiteia 1.34
(1963) avec Elek Bacsik a la guitare electrique et Michael Gaudry
a la contrebasse,production artistique : Claude Dejacques
editions Warner Chappell Music France. (P) 1963 Mercury


8 couleur cafe 2.12
(1964) arrangements et direction d'orchestre : Alain Goraguer
production artistique : Claude Dejacques
editions Sidonie / Melody Nelson Publishing. (P) 1964 Mercury


9 New York USA 2.17
(1964) arrangements et direction d'orchestre : Alain Goraguer
production artistique : Claude Dejacques
editions Gerard Meys Productions. (P) 1964 Mercury


10 pauvre Lola 2.26
(1964) arrangements et direction d'orchestre : Alain Goraguer
production artistique : Claude Dejacques
editions Sidonie. (P) 1964 Mercury


11 Manon 2.40
extrait de la BOF "Manon 70"
(1968) arrangements et direction d'orchestre : Michel Colombier
editions Eden-Roc. (P) 1968 Mercury


12 initials B.B. 3.32
(1968) arrangements et direction d'orchestre : Arthur Greenslade
production artistique : Claude Dejacques
editions Sidonie / Melody Nelson Publishing. (P) 1968 Mercury


13 Bonnie and Clyde 4.12
 (1968) en duo avec Brigitte Bardot. arrangements et direction d'orchestre : Michel Colombier. production artistique : Claude Dejacques
editions Sidonie / Melody Nelson Publishing. (P) 1968 Mercury


14 comic strip 2.09
 (1968) en duo avec Brigitte Bardot. arrangements et direction d'orchestre : David Whitaker. production artistique : Claude Dejacques
editions Sidonie / Melody Nelson Publishing. (P) 1968 Mercury


15 Docteur Jekyll et Monsieur Hyde 1.53
(1968) arrangements et direction d'orchestre : Arthur Greenslade
production artistique : Claude Dejacques
editions Sidonie. (P) 1968 Mercury


16 Ford Mustang 2.40
(1968) arrangements et direction d'orchestre : Arthur Greenslade
production artistique : Claude Dejacques
editions Warner Chappell Music France. (P) 1968 Mercury


17 qui est "in" qui est "out" 2.13
(1968) arrangements et direction d'orchestre : Arthur Greenslade
editions Sidonie. (P) 1968 Mercury


18 je t'aime... moi non plus 4.25
(1969) en duo avec Jane Birkin
arrangements et direction d'orchestre : Arthur Greenslade
editions Melody Nelson Publishing. (P) 1969 Mercury


19 l'anamour 2.15
(1969) en duo avec Jane Birkin
arrangements et direction d'orchestre : Arthur Greenslade
editions Sidonie / Melody Nelson Publishing. (P) 1969 Mercury


20 sous le soleil exactement 2.49
 entrait de la BOF de la commedie musicale "Anna"
(1969) arrangements et direction d'orchestre : Arthur Greenslade
editions Warner Chappell Music France. (P) 1969 Mercury


21 69 annee erotique 3.19
(1969) avec Jane Birkin
arrangements et direction d'orchestre : Arthur Greenslade
editions Warner Chappell Music France. (P) 1969 Mercury


22 Elisa 2.30
(1969) arrangements et direction d'orchestre : Arthur Greenslade
editions Sidonie / Melody Nelson Publishing. (P) 1969 Mercury


23 les sucettes 2.34
(1969) en duo avec Jane Birkin
arrangements et direction d'orchestre : Arthur Greenslade
editions Sidonie / Melody Nelson Publishing. (P) 1969 Mercury


24 ballade de Melody Nelson 2.00
 (1971) avec Jane Birkin
arrangements et direction d'orchestre : Jean-Claude Vannier
editions Sidonie / Warner Chappell Music France. (P) 1971 Mercury


25 requiem pour un con (remix 91) 3.54
(1971) arrangements et direction d'orchestre : Michel Colombier
realse par D.Blanc-Francard et P. Lerichomme. editions Hortensia
(P) 1968. Remix (P) 1991 Mercury / Hortensia


compact 2
1 la decadanse 5.11
(1971) avec Jane Birkin
arrangements et direction d'orchestre : Jean-Claude Vannier
editions Warner Chappell Music France. (P) 1971 Mercury


2 je suis venu te dire que je m'en vais 3.20
(1973) editions Melody Nelson Publishing
(P) 1973 Mercury


3 rock around the bunker 3.20
(1973) editions Melody Nelson Publishing
(P) 1973 Mercury


4 l'homme a tete de chou 2.59
(1976) arrangements et direction d'orchestre : Alan Hawkshaw
editions Melody Nelson Publishing. (P) 1976 Mercury


5 Marilou sous la neige 2.23
(1976) arrangements et direction d'orchestre : Alan Hawkshaw
editions Melody Nelson Publishing. (P) 1976 Mercury


6 l'ami Caouette 3.07
(1975) arrangements et direction d'orchestre : Jean-Pierre Sabar
production artistique : Philippe Lerichomme
editions Melody Nelson Publishing. (P) 1975 Mercury


7 sea sex and sun 3.59
extrait de la BOF "les bronzes"
(1978) arrangements et direction d'orchestre : Alan Hawkshaw
production artistique : Philippe Lerichomme
editions Melody Nelson Publishing. (P) 1978 Mercury


8 aux armes et cetera 3.05
(1979) editions Melody Nelson Publishing.
production artistique : Philippe Lerichomme (P) 1979 Mercury


9 vielle canaille "you rascal you" 3.02
(1979) editions Filmtrax France.
production artistique : Philippe Lerichomme (P) 1979 Mercury


10 Harley Davidson 5.22
(1980) extrait de l'enregistrement public au Palace
production artistique : Philippe Lerichomme
editions Sidonie. (P) 1980 Mercury


11 Dieu fumeur de havanes 3.48
extrait de la BOF "jevous aime"
(1980) avec Catherine Deneuve
curves,cordes et clavers : Don Ray
direction section rythmique : Jean-Pierre Sabar
editions Renn Productions. (P) 1980 Renn Productions


12 sorry angel 3.56
(1984) editions Melody Nelson Publishing
productin artistique : Philippe Lerichomme. (P) 1984 Mercury


13 love on the beat 8.05
(1984) production artistique : Philippe Lerichomme.
editions Melody Nelson Publishing. (P) 1984 Mercury


14 lemon incest 5.11
en duo avec Charlotte Gainsbourg
  d'apres l'etude op.10 n 3 en mi majeur de Chopin
(1984) arrangements Serge Gainsbourg
production artistique : Philippe Lerichomme
editions Melody Nelson Publishing. (P) 1984 Mercury


15 you're under arrest 4.13
(1987) production artistique : Philippe Lerichomme
editions Melody Nelson Publishing. (P) 1987 Mercury


16 aux enfants de la chance 4.07
(1987)production artistique : Philippe Lerichomme
editions Melody Nelson Publishing. (P) 1987 Mercury


17 mon legionnaire 5.35
(1987) arrangements Serge Gainsbourg
production artistique : Philippe Lerichomme
editions Societe d'Editions Musicales Internationales. (P) 1987 Mercury


* mixage monophonique

parole et musiques Serge Gainsbourg. sauf :
disque 1 :
22 (S. Gainsbourg / M. Colombier / S. Gainsbourg)
24 (J. C. Vannier / S. Gainsbourg)
disque 2 :
8 (Rouget de Lisle / S. Gainsbourg)
9 (S. Theard / J. Plante), 17 (R. Asso / M. Monnot)

la remasterisation en haute definition est realise a partir des masters origginaux entierement digitalises et equalises en 20 buts

mastering realise par Jean-Marie Guerin au studio Polygram
photo recto Tony Frank(Sygma), photo verso X(arch.Mercury) - graphisme les Telecreateurs

compilation (p) 1996 Mercury France (c) 1996 Mercury France

なお、同名タイトルでありながら、発売国や発売年の違いによって、収録曲も異なればジャケットまでも違っています。僕の持っているCDは本国マーキュリー・フランス(Mercury France)から1996年に発売された二枚組。上記クレジットも総てそのCDに準拠しております。
関連記事

theme : おすすめ音楽♪ - genre : 音楽

adventures of t. g. chaung | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

https://tai4oyo.blog.fc2.com/tb.php/228-16e7846b

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here