fc2ブログ

2008.06.01.18.43

これもまた悪い夢の続き 12.


the theme song
"Bad City"
performed by
SHOGUN
from the original sound track album
"Tantei Monogatari(Detective Story) MUSIC FILE"
for the tv - movie series
"Tantei Monogatari(Detective Story)"
Shunsaku Kudo, The Detective
performed by
Yusaku Matsuda.


こんな夢を観た。

住居兼仕事場に使用しているビルのオーナーが変わるというので、挨拶に行く事になる。当初は独りで出かける心つもりだったのが、たまたま、同じフロアの住人と共に出かける事にする。

年齢は70はゆうに過ぎているのだろう。もしかしたら、80代に突入しているのかもしれない。いつも、午過ぎに出かける俺を、玄関先で見送ってくれるご老人だ。
大人の会話というやつが苦手だから、初対面のオーナーのオフィスまで出かけて挨拶するには、こういうご老人と行動する方が、楽だろう。そんな安易な気持ちで、こちらも是非にと、同道を頼み込む。

その日は、梅雨入りしたばかりのぐずぐずした天気で、驟雨が降ったり止んだりしている、やけに蒸し蒸しした気温の高い日だ。
それぞれ別の用件を抱えている二人は、訪問すべきオフィスの最寄り駅で待ち合わせる事にしている。
その地下鉄駅の地上口で待っていると、時折、想い出した様に雨が降り込み、やんだらやんだで、嫌な生臭い風が流れ込んでくる。

待ち合わせの時間ちょうどに、ご老人が現れる。挨拶もそこそこに、オフィスに向かう。
また、雨が強くなるからだ。

雑居ビルの最上階にそのオフィスはある。訪なうと、新オーナー本人が招き入れてくれる。
「ちょっと、こちらでお待ちください。たまたま、出払っていて、わたし独りなんです」
そういって、通された居間には、数限りない調度品が雑然として置かれている。一見して、それぞれが高価な代物だというのは解るが、なにせ部屋全体の調和がとれていない。それだけで俺はうんざりしているが、ご老人はどうなのだろう。
ふと、隣の人物に視線を泳がせると、彼は彼で感ずるものがある様だ。

席を勧められて、とりあえず俺たちは腰掛けたものの、もうこの時点で及び腰である。事前に示し合わせて用意してきた菓子折りをとっとと手渡して退散してしまおうとすると、先方に機先を制されてしまう。

「あそこにお住まいになって何年ですか?」
「商店街もガラガラになって、ご不便でしょう」
「丁度、区の再開発の仕事を受注したばかりなんですよ」

矢継ぎ早に繰り出される彼の言葉には、脈絡はないものの、俺たちの住むビルを取り壊すかなんかして、あの地域の再開発計画にうまいこと便乗したいらしい。
しかも、どうも昂奮しやすい性格なのだろう。最初はおとなしく語りかけていた口調がだんだんとテンションをあげてきて、ジェスチャーまじりで身体全体で語り出している。

そして、突然に立ち上がって自席の背後にある調度品のひとつを鷲掴みにして、俺たちに差し示す。
「これをご存知ですか?」

それは、だ。
しかも、日本刀の様な、洗練された美を追求した上品なものではなくて、ただ生死の雌雄を決する為にのみ創られた野蛮なものだ。
重く、幅広く、鈍い色をした荒々しい鞘に収まっている。

俺たちは思わず生唾を呑んだ。このの由来なんぞ聴かされたら相当、長い話になるなぁ、それよりも、これから脅迫めいた立ち退き話が出たらどうしようか...。

彼はにっこりと笑ってこう言う。
「ちょっと失礼します。お湯が沸いたらしい」

彼は、そのを無造作にテーブルに放り投げると、そそくさと出ていく。
俺の目の前には、重い野蛮ながある。思わず手にとって鞘から刃を覗かせたくなる。
そんな俺の素振りに気づいたのか、ご老人が真顔で頸を横に振る。

それで気がついたが、このオフィスに入って以来、俺たちはお互いの会話を一切、していない。

オフィスの入口あたりから、数人の女性の嬌声が聴こえる。居間の窓には、さっきから、激しい雨が叩きつけている。

老婆が独り入ってきて、俺たちに茶を煎れる。"ぶぶ漬けいかがどす"という意味なのだろう。新オーナーの用件は既に終わったらしい。
激しい雨音の向こうから、緊急車輛のサイレン音が幾つも聴こえてくる。

こんな時、ぶぶ漬けは、どう喰べたらよいのだろう?
隣のご老人も困惑している。

俺は茶碗をとって、一気に呑み干す。
ぬるい。
しかもお湯。


the theme song
"Battle Without Honor or Humanity"
performed by
Tomoyasu Hotei
from the original sound track album
"Kill Bill, Vol. 1"
for the movie
"Kill Bill, Vol. 1"
directed by
Quentin Tarantino
.
関連記事

theme : 今日の出来事。 - genre : 日記

nightmare continues | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

https://tai4oyo.blog.fc2.com/tb.php/178-f1d34de4

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here