fc2ブログ

2014.11.21.12.53

True

こんな、なぞなぞがある。
もしかしたらむかし、きみもきいたことがあって、そのあたまをなやましたことがあるのかもしれない。

太郎君のおとうさんがひさしぶりの休暇をとって、1週間程、家をあけることになった。
太郎君はおとうさんに同行したがっているが、その間、学校もあるし、おとうさんの唯一のたのしみのためにでかける旅行だ。息子はあしでまといになるかもしれないし、それよりも、息子が自身と同様に楽しめるのかどうかもわからない。きっと退屈であきて、我儘をいうのにきまっている。そんな面倒はいやだ。だからといって、むげに息子のねがいをはなっから無視するのもかわいそうだ。
そこで、父親は息子にあるかけをもうしでた。

ここに2枚のかみがある。1枚は「旅行にいく」1枚には「旅行にいかない」と、それぞれのうらにかいてある。どちらかすきなほうをえらべ、そして、えらんだとおりにすればいい。おとうさんもそれにしたがう。
ただし、えらべるのは1回だけ。えらぶまえにのぞくのも、すかすのもだめだ。うそやごまかしはおとうさんはきらいだ。ばれたら、その時点で、おまえは留守番だ。

しかし、うそやごまかしがきらいだといったおとうさんは、いずれのかみにも「旅行にいかない」と書いておいたのだ。息子に旅行をあきらめさせるために、おとうさんがとったこれは策略なのだ。

さて、太郎君が確実におとうさんの旅行に同行するのには、どうしたらいいか。

このなぞなぞ自体が、ここでの本旨ではないから、次の段落から解答を明記する。

太郎君は、1枚のかみをえらんで、そのまま、まるめてゴミ箱になげいれてしまう。そして、のこったもう1枚のかみをおとうさんにさしだす。そのかみには勿論「旅行にはいかない」と書いてある。
そして、かちほこったおとうさんにむけて、太郎君はつぎのような台詞を発するのだ。

「ぼくがえらんだのはゴミ箱にあるよ。あけてみせようか」

さて、本題はこれからだ。
真実というものは一体、どこにあるのだろうか。
ふたりのめのまえにある1枚のかみか。それとも、ゴミ箱のなかにあるもう1枚か。
父親のもうしでたこのかけには最初からうそが存在するし、それをみぬいて、まんまとはなのあなをあかした息子の発言にもうそがある。

それに第一、いまここでかたったなぞなぞそのものが虚構の産物でしかないのだ。

[the text inspired from the song "True" from the album "True" by Spandau Ballet]


関連記事

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

https://tai4oyo.blog.fc2.com/tb.php/1630-65d46048

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here