FC2ブログ

2014.08.15.05.50

Fast Car

その惑星の大陸のひとつ、そこには巨大な建造物がある。

その星の支配者である知的生物の一切は、そこで誕生するのだ。つまり、すでにその星では、出産と人口、総てが100%管理されているのだ。

産まれたこどもには1台の乗物があてがわれる。こどもはそのなかでそだち、そのなかで成長する。そこからおりることはない。それは死を意味しているからだ。

そして、うまれると同時にこどもは、いや、その乗物は、出生の地であるその建造物からはなれ、一気に幹線道路をひたはしる。

建造物から放射線状にのびる幹線道路を、うまれたばかりのこどもをのせた乗物が疾走するのだ。

みちはどこまでものびようとするが、いくつにもいくつにもえだわかれして、徐々にほそくなっていく。

どのみちをえらぶのか、それは現時点、我々の観察では判断はつかない。

一切が事前にプログラミングされたものなのか、それとも完全に偶然性にゆだねられたものなのか、(それを我々は運命とよぶべきなのか)、ある時点で乗物の所有者であるこどもの判断がはたらくのか、いまだそれは謎だ。

ただ、わかっていることは、陸続とその建造物からいくつもいくつも乗物が発進し、のぶとい幹線道路をひしめきあってひたすらに、はしりにはしっている。それだけなのだ。

道路はその大陸をうめつくし、うみをわたり、あらたな大陸までをもおかそうとしている。
おそらく、いずれはその惑星の反対側へと到達するだろう。そして、こどもたちがのる乗物で、この惑星ははちきれんばかりとなるのだ。

[the text inspired from the song "Fast Car" from the album "Tracy Chapman" by Tracy Chapman]


関連記事

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

https://tai4oyo.blog.fc2.com/tb.php/1546-6a61c556

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here