FC2ブログ

2014.04.13.09.31

これもまた悪い夢の続き 63.

こんな夢をみた。

images
the nature documentary “Animals Are Beautiful People” directed by Jamie Uys.

街が燃えている。漆黒の闇の中で、街があかあかと燃えている。紅蓮の炎だ。
燃えひろがる炎の中央に、巨大な腐肉の塊が悶えている。
燃える炎に焼かれる苦しさなのだろうか。それとも、腐り果ててゆく痛みなのだろうか。その塊は激しく震えているのだ。

巨大な腐ったその塊の奥に、ふたつの眼とひとつのおおきな顎が輝いている。うつろな輝きだ。おのれの死を既に自覚した輝きだ。
そして、不意に、巨大な咆哮を放つのだ。身を翻し、あたかも最期の断末魔であるかの様に、ながくはてしなくおおきな叫び声をたてるのだ。何度でも。何度でも。

そして、その叫びに呼応するかの様に、猛獣達が一斉に奔り出す。

象、麒麟、犀、河馬、獅子、大蜥蜴、虎、猪、鹿、馬、豹、ありとあらゆる動物達がひしめきあって、一心不乱に駆け出す。だが不思議な事に、なにか不分明な秩序がそこにあり、彼らのなかに争いは一切ない。

そして、さらに不思議なのは、彼らの容姿だ。
彼らのすべては体毛をうしなって、本来ならばみえない筈の地肌がありありと露出している。その為にまるで、ひとつのおおきな肉塊が肉挽き機から押し出されてゆく様だ。それだけ、一体化してみえる程に、立錐の余地もない程に、彼らはひしめいているのだ。

しかも、恐ろしい事に、彼らは異様に巨大なのだ。ビルの数階程の背丈はある様だ。

ぼくは多分、初台近辺、オペラシティの手前にいるのだとおもう。
首都高の高架が行き交わるところ、そこでこの猛獣達の光景に遭遇している。
幹線道路の向こう側を、彼らは西へ西へと突進している。しかも、彼らの巨大さによって、ぼくにみえるのは、幾本もある肉塊の脚の動きだけだ。
そして、それはいつまでもつづく。どこまでもつづく。

不意にぼくの視点が上昇をはじめる。それはゆっくりとした、滑らかなもので、まるで、透明の壁の中のエレベーターか、映画撮影用のクレーンに乗っているかの様だ。

ゆっくりゆっくり昇ってゆくぼくの視点は、みあげるばかりだった高架を、次第に水平に捉え、ついにはそれを眼下に見下ろす位置を得る。

すると、さっきまで動き続けていた肉塊は姿を消していて、走りざわめく群衆ばかりが、ぼくの眼に映る。
彼らもてんで好き勝手に走っている様でありながら、目指しているのは西だ。
まるで英雄を迎える様にもみえるし、なにかの災厄に追われている様にもみえる。

ぼくの視点はまだ昇り続けていて、走る群衆は、この道路だけの事ではないと解る。だれもがみな、てんでばらばらに、西へ西へと逃げている。そう、逃げているのだ。

彼らが逃げなければならない元凶をみようと東に眼を向けた途端、ぼくの視点は急降下する。

ぼくはちいさなゴンドラに乗っていて、そのゴンドラをおおきな蝶が、むっつの肢で支えているのだ。
その蝶が、なにものかの放った火矢に襲われる。

おおきな翅が、まっかな炎とまっくろい煙をあげて、まっさかさまに墜ちてゆく。

images
the movie “Black Hawk Down” directed by Ridley Scott
関連記事

theme : 今日の出来事 - genre : 日記

nightmare continues | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

https://tai4oyo.blog.fc2.com/tb.php/1432-7445bab3

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here