FC2ブログ

2014.03.14.10.30

Just In Time

5分だ。5分だけまってやる。
それがすぎたら、おれはそこにはいない。

それがまちあわせのルールだった。
約束の時間にたとえまにあわないとしても、最初の5分はそこにいた。
だが、それ以上、まちつづける度量もやさしさも、もちあわせてはいない。

その日、そいつとやる予定だったすべてはそこでキャンセル。おれはかえった。
映画、観劇、美術館、遊園地、ディナーもパーティーも、一切、ご破算だ。

遅れたいいわけなんかきく耳はもちあわせてなんかいない。
だから、まちあわせの場所はいつでもどこでも、街中だった。
喫茶店なんかを指定したら、そいつは絶対にこの店に、これからむかうと一報をいれてくるのに、決まっている。

だから、携帯が普及しはじめたその直後は、手段を変えた。
なってもでないし、留守電もいれていない。しかも、電波がとどきそうもない地下を、まちあわせに指定した。
こうしておけば、いくらならしても、おれが携帯にでないことを非難できないだろう。
おれは単純に、おくれたおまえがわるい、といえばいいだけなのだ。

しかし、この手も最早、通用しない。
いつでもどこでも、電波は届く。
馬鹿馬鹿しい。

最近は、常に現地集合だ。
ひとり先にきて、約束の時間になれば、いようがいまいが、勝手に先にはじめてしまう。
のんだくれて、よっぱらって、出来上がっちまっている、というわけだ。

あいつがあらわれるのは、丁度、そんなころだ。
だから、素面のおれを、あいつはしらない。

[the text inspired from the song “Just In Time” from the album “Duets : An America Classic” by Tony Bennett duet with Michael Buble]


関連記事

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

https://tai4oyo.blog.fc2.com/tb.php/1402-24e27d98

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here