FC2ブログ

2014.01.10.09.40

Ahead

仮眠をとっているぼくをおこして、やつがいう。
「いくぞ」

事態は膠着していた。それしかわからない。連絡も絶えて久しく、ただ、一週間に一度、補給だけは欠くことはなかった。
それだけがさいわいだった。と、同時にそれだけがわずらわしかった。

一週間に一度、やってくるやつらが後方であって、その反対側が前線。つまり敵だ。
ぼくたちはただやみくもに、めのまえにいるはずの敵を追っているだけなのだ。

それは一見、ただしいようにおもわれる。
だけれども、ぼくたちは、味方から逃げようとしている、そんなふうにおもえてしかたがない。
敵を追っているはずのぼくたちが実は、追われているのだ。

だがそれも数ヶ月前までのはなしだ。戦況がぼくたちの側にあったときのできごとだ。
いまはもう、まったくみうごきがとれない。

すべてがどろぬまのなかにはまり、ぬいたはずのあしがおりるのは、結局、もとのあなだ。
しずまないためにあがいているのか、しずんでしまいそうだからあがいているのか、それとも、しずんでしまうためにあがいているのか。
もう、それすらもわからない。

ぼくはおおきなのびをして、いう。
「で、どこへ」
ぼくの問いに、かれはせせら嗤う。
それがこたえだった。

[the text inspired from the song “Ahead” from the album “The Ideal Copy” by Wire]


関連記事

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

https://tai4oyo.blog.fc2.com/tb.php/1343-51876935

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here