FC2ブログ

2008.02.03.11.57

三度目ノ冬ノ独リヲ詠メル

images

東京に 積もる雪 口実にして 南の国の 母に電話す
るい詠める



<読み>
とうきょうに つもるゆき こうじつにして みなみのくにの ははにでんわす

<意味>
東京地方の積雪を口実にして、雪の降らない南国にある実家の母に電話をする。

<解説>
昨年の冬は暖冬だったせいか、こんなにがっつりとした積雪はずいぶんと久しぶりな気がする。首都圏は雪に弱いので、交通機関の乱れや、そこから派生する事件事故も心配されます。
と、いう視点から観れば、「南の国の母」からの電話の方が現実的だけれども、そうではなくて、作者の方から「電話す」という意趣を堪能して下さい(こういうのって分析的に書けば書く程、しらけちゃいそうなので)。
句形は「五/五/七/七/七」と定形から外れているのだけれども、それはそれで問題はないと思う。試みに語調を整えてみようとしたが、あまり上手く行かなかった。恐らく、現在の形の方が、故郷の母親に電話したいという思いが、より強く強調されているからだろう。
(この項:たい)

関連記事

theme : 短歌 - genre : 小説・文学

from the notebook4rui | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

https://tai4oyo.blog.fc2.com/tb.php/123-2364eaa7

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here