FC2ブログ

2008.01.23.00.31

茫然自失ヲ詠メル

images

遅い冬 君の詞は 謂れなく 泪え流さず 風の音を聴く
るい詠める



<読み>
おそいふゆ きみのことばは いわれなく なみだえながさず かぜのねをきく

<意味>
晩冬に聴いたあなたのことばはいわれもないもので、決してなみだも流す事も出来ず、風の音を聴いている。

<解説>
一昨日は暦の上では、大寒。また、ここ数日、毎日の様に関東では降雪の予報が出されている。そんな季節に、作者は恋人からあまりに理不尽なことばを聴く事になる。その理不尽さには、悲しみよりも、ある決意を作者に促させたようである(尤も、結句の「風の音を聴く」は如何様にも解釈は可能ではあるが)。
第四句の「え流さず」は、副詞「え」+否定形の助動詞「ず」で。不可能の意味となり、「なみだを流す事もできない」と訳す。
(この項:たい)

関連記事

theme : 短歌 - genre : 小説・文学

from the notebook4rui | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

<<previous entry | <home> | next entry>>

comments for this entry

only can see the webmaster :

tackbacks for this entry

trackback url

https://tai4oyo.blog.fc2.com/tb.php/116-92e4472c

for fc2 blog users

trackback url for fc2 blog users is here