FC2ブログ

2020.06.30.08.46

うみぼうず

水木しげる (Shigeru Mizuki) の描くそれが怖かった。

read a continuance of : "うみぼうず"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2020.06.28.08.26

dedicated to Dale Arden in the serial trilogy "Flash Gordon"

So You Feel It's The End Of The Story?
images
For the collage of "dedicated to Dale Arden in the serial trilogy "Flash Gordon"", the original photographies you can find here,there and everywhere.

read a continuance of : "dedicated to Dale Arden in the serial trilogy "Flash Gordon""

theme : 今日のイラスト - genre : 日記

irene4killingtime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2020.06.27.08.39

no. 681 massacre4killingtime

powda puff
images

you can get some items from
"massacre4killingtime"
at the shop
"been a very rough weekend".
please check it.


read a continuance of : "no. 681 massacre4killingtime"

theme : イラスト - genre : 学問・文化・芸術

massacre4killingtime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2020.06.26.08.43

Cheat On Me

そういってなじられるのは、おまえだけ。当事者なんだからな。
まぁ、おまえの親兄弟くらいはゆるしてもいいのだが。

read a continuance of : "Cheat On Me"

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 2 | trackbacks : 0 | pagetop

2020.06.24.08.37

俳句:ごくなぬか 第406週

死者もをり居並ぶ木偶のそのなかに
拐かしそのすへに敲く天獄の門
くろ鯉の髭だけあこふ染めてみむ
どのをんなも眼鏡毀さば主人公
ふけふゆゑをんなとやらを漁りぬ


theme : 俳句 - genre : 小説・文学

the lion sleeps tonight | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2020.06.23.08.07

とじょう

教科書的な文学史 (History Of Literature In japan) に於いては、きっと看過されてしまうであろう。
だが、視点を変えてそれを眺めてみれば、決して素通りする事は出来ない。
短編小説『途上 (Tojo : While Walking)』 [谷崎潤一郎 (Junichiro Tanizaki) 作 1920年 『改造』掲載] とは、そういう作品である。

read a continuance of : "とじょう"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2020.06.21.08.33

"THE REALITY OF MY SURROUNDINGS" by FISHBONE

images
荊棘の道 (Thorny Path)。彼等を想い出す度にそう思う。
彼等がこれから向かうであろう方向も、彼等がこれまで歩んできた方向も、荊棘 (Thorny) が繁茂している。だから、誰も彼もが、彼等のあとを追う事も出来ない。そこへ辿り着く為には、彼等とおなじ苦難が待ち構えている。
そんな事をふと思ってしまう。

read a continuance of : ""THE REALITY OF MY SURROUNDINGS" by FISHBONE"

theme : おすすめ音楽♪ - genre : 音楽

adventures of t. g. chaung | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2020.06.20.08.37

no. 680 massacre4killingtime

over the shoulder
images

you can get some items from
"massacre4killingtime"
at the shop
"been a very rough weekend".
please check it.


read a continuance of : "no. 680 massacre4killingtime"

theme : イラスト - genre : 学問・文化・芸術

massacre4killingtime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2020.06.19.08.51

Boom

おとがなっている。
断続して、そして、いつおわるともおもえない。

read a continuance of : "Boom"

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2020.06.17.08.43

俳句:ごくなぬか 第405週

さるの許うしに曳かれし雑葉かな
よく槽にうひた屍がいもくちがなひ
さか向きの映画ながむるきみが夢
科とはれどおと倒るる淑女かな
不意になる訃報まつゆゑでぬ電話


theme : 俳句 - genre : 小説・文学

the lion sleeps tonight | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2020.06.16.10.42

りごれっと

と、謂っても、ここで題材となるのはオムニバス映画『アリア (Aria)』 [制作総指揮:ドン・ボイド (Don Boyd)、1987年制作] の1篇、ジュリアン・テンプル (Julien Temple) 監督による第4話『リゴレット (Rigoletto)』である。
と、謂っても、この映画は10人の映画監督による10曲のアリア (Aria) を題材とした10篇の掌篇映像集であるから、第4話『リゴレット (Rigoletto)』も、ジュゼッペ・ヴェルディ (Giuseppe Verdi)の歌劇『リゴレット (Rigoletto)』 [1851年 於:フェニーチェ劇場 (Teatro La Fenice) 初演] を題材としている。
そして、本作を構成する10篇のひとつひとつを語る場合、先ず考えなければならない、もしくは考えざるを得ないモノは、題材となったアリア (Aria) とその結果である掌篇との距離なのである。

read a continuance of : "りごれっと"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2020.06.13.08.42

no. 679 massacre4killingtime

wide awake
images

you can get some items from
"massacre4killingtime"
at the shop
"been a very rough weekend".
please check it.



read a continuance of : "no. 679 massacre4killingtime"

theme : イラスト - genre : 学問・文化・芸術

massacre4killingtime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2020.06.12.11.24

Against All Odds (Take A Look At Me Now)

とわれているのは、覚悟、ただ、それだけだ。

read a continuance of : "Against All Odds (Take A Look At Me Now)"

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2020.06.10.08.39

俳句:ごくなぬか 第404週

前妻の兇弾たをるその朝に
まはさばぽろりと紅ひ球
飽ひたとて花ひく初夜のふたりかな
月面につかぬからこそ告白し
寒かろふ大部屋女優も戀に墜つ


theme : 俳句 - genre : 小説・文学

the lion sleeps tonight | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2020.06.09.09.05

ぷるがさり

と、謂う"怪獣 (Kaiju)"は怪獣王ゴジラ (Godzilla ,King Of The Monsters) に似ている、と謂う。怪獣王ゴジラ (Godzilla ,King Of The Monsters) に、頭部両端へ水牛 (Water Buffalo) の様な1対の角を装着し、鎧を着せれば、"怪獣 (Kaiju)"プルガサリ (Pulgasari) になる、と。
ぼく個人の見解はそれとすこし違う。怪獣王ゴジラ (Godzilla ,King Of The Monsters) ではなくて、その怪獣王ゴジラ (Godzilla ,King Of The Monsters) の着ぐるみの改造である、古代怪獣ゴメス (Ancient Monster Gomess) [演:中島春雄 (Haruo Nakajima) TV番組『ウルトラQ (Ultra Q)』 [1966TBS系列放映] 第1話『ゴメスを倒せ! (Defeat Gomess!)』 [脚本:千束北男 監督:円谷一 特技監督:小泉一] 登場] ではないだろうかと。何故ならば、"怪獣 (Kaiju)"プルガサリ (Pulgasari) は怪獣王ゴジラ (Godzilla ,King Of The Monsters) 特有の前傾姿勢をとっていないのだから。彼は姿勢も正しく直立しているのだ。そして、その体勢をもって、ぼくは古代怪獣ゴメス (Ancient Monster Gomess) を想起してしまうのである。

read a continuance of : "ぷるがさり"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2020.06.07.20.25

これもまた悪い夢の続き 115.

こんな夢をみた。

images
the poster for the movie "The Trial" 1993 directed by David Jones

read a continuance of : "これもまた悪い夢の続き 115."

theme : 今日の出来事 - genre : 日記

nightmare continues | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2020.06.06.08.37

no. 678 massacre4killingtime

get ready for it
images

you can get some items from
"massacre4killingtime"
at the shop
"been a very rough weekend".
please check it.


read a continuance of : "no. 678 massacre4killingtime"

theme : イラスト - genre : 学問・文化・芸術

massacre4killingtime | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2020.06.05.10.27

Zeze

ふうん。
いまはそういうんだね。
そしてそう命名して、批難するってわけだ、どいつもこいつもが。

read a continuance of : "Zeze"

theme : 今日の1曲 - genre : 音楽

a song for you | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2020.06.03.08.38

俳句:ごくなぬか 第403週

くろ塚はこぼれる笑みに刃もかけて
再かいに空きやのすみに寄する身を
みぎのかた怨みかましきをとめの夜
御殿場のさかにも石を置きをいて
きかぬふりひたいに柱をあづけをく


theme : 俳句 - genre : 小説・文学

the lion sleeps tonight | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2020.06.02.09.20

くのーるすーぷ

冬の寒い夜、もしくは、それを予感させる秋の夜。夕食はとうに終えて、ぼくと弟は、テレビを眺めている。寝る時間が来るまではチャンネル権はぼく達にあり、両親はそれに忍従している。息子達2人が小学生、かつてあった我家の光景だ。

read a continuance of : "くのーるすーぷ"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop