FC2ブログ

2019.11.12.08.49

くちびるのねじれたおとこ

小学生時代にジュブナイル((Juvenile) を読んで以来、異なる訳、異なる選集で、何度となく読んだ。物語の結末は知っている。作品名が一度、聴いたら忘れられない程、強い印象を与えるモノだけに、題名をみるだけで、その意外な結末、鮮やかな解決が脳裏に浮かぶ。
だけれども、新たなる訳、新たなる選集で、実際に読み始めると、こんな物語だっただろうかと、想う時がある。
結末ばかりの印象とそれを導びく謎の設定の印象が強すぎて、その物語の導入部分をすっかり忘れ果てているからである。

read a continuance of : "くちびるのねじれたおとこ"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop