FC2ブログ

2019.08.20.08.50

きんようびのてんし

ある特定の時代の特殊な層を題材とした楽曲である、そう認識していたから、この曲のカヴァー・ヴァージョンがある事を知って、驚いた。
ひとつは、面影ラッキーホール (Omokage Lucky Hole ) の楽曲『金曜日の天使 (Angels On Friday)』 [アルバム『代理母 (A Surrogate Mother)』収録 1988年発表] であり、ひとつはパスピエ (Passepied) の楽曲『金曜日の天使 (Angels On Friday)』 [シングル『ヨアケマエ (Yoakemae : Before Dawn)』 2016年発表] である。
ぼくが慣れ親しんだのは、それらのオリジナル・ヴァージョンである、近田春夫・アンド・ビブラトーンズ (Haruo Chikada And Vibra-Tones) による楽曲『金曜日の天使 (Angels On Friday)』 [作詞作曲:近田春夫 (Haruo Chikada 1981年発表 アルバム『ビブラトーンズ・ファン (Vibra-Tones Fun)』 1988年発売] である。

read a continuance of : "きんようびのてんし"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop