FC2ブログ

2016.08.10.10.43

俳句:ごくなぬか 第224週

くちなしの眼ほどにもの謂ふのつぺらぼう
睾丸を斬るときの唄たんたんと
割り箸のささくれみつつ喉の棘
腕立てて落つるばかりの汗の行方
湯でとひて和布ばかりが何故うかぶ


theme : 俳句 - genre : 小説・文学

the lion sleeps tonight | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop