FC2ブログ

2014.03.11.11.23

どどんご

ミイラ怪獣ドドンゴ (Dodongo) はTV番組『ウルトラマン (Ultraman)』 [制作:円谷プロダクション (Tsuburaya Production 19661967年放映 TBS系列] の第12話『ミイラの叫び (Cry Of The Mummy)』 [脚本:藤川桂介 監督・特技監督:円谷一] に登場した。

当初の設定は、ミイラ怪獣の名に応じて、木乃伊 (Mummy) 化した肢体、つまり、半ば白骨化した様な外形が考えられていたと謂う。しかし、その案は直ちに退けられて、その肢体は別の怪獣のアイデアに流用された。

と、書いてしまうと先回りしてシーボーズ (Seabozu) [第35話『怪獣墓場 (The Monster Graveyard)』 監督:実相寺昭雄 脚本:佐々木守 特技監督:高野宏一] へと想いを奔らせる方が出てくるかもしれないが、そうではない。あれは完全な白骨 (Skeleton) であって、木乃伊 (Mummy) ぢゃあない。
退けられたその案は、第15話『恐怖の宇宙線 (Terrifying Cosmic Rays)』 [監督:実相寺昭雄 脚本:佐々木守 特技監督:高野宏一] に登場した二次元怪獣ガヴァドン B (Gavadon Type B) だ。彼の上肢が骨格むき出しの様相を呈しているのはその為なのである。

と、謂う訳で、これ以降、この拙稿の主人公であるドドンゴ (Dodongo) の方に、話を戻す。

read a continuance of : "どどんご"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop