FC2ブログ

2013.10.01.05.19

おおやまのぼった

初めて体験した松本零士 (Leiji Matsumoto) 作品は、マンガ『男おいどん (Otoko Oidon : The Man I Am) 』 [19711973週刊少年マガジン連載] だ。TVアニメ『宇宙戦艦ヤマト (Space Battleship Yamato)』 [1974讀賣テレビ系列放映] ではない。しかもこのアニメ作品は大部分のヒトがそうである様に、再放送で観た。
その後、当時の同世代の殆どのヒトがそうである様に、マンガ作品としてアニメ作品として、松本零士 (Leiji Matsumoto) の作品を観る事になって、その到達点がダフト・パンク (Daft Punk) とのコラボレーション作『インターステラ5555 : The 5tory Of The 5ecret 5tar 5ystem (Interstella 5555 : The 5tory Of The 5ecret 5tar 5ystem)』[2003年] になるのだと想う。
この映像作品の登場によって、ちょっと違った視点からの松本零士 (Leiji Matsumoto) 作品の印象や評価を与えられた様な気がするのだけれども、と同時に、それに曳き摺られる様にして、ここ最近のリメイク作品が制作されている様な気もするのだけれども、ただ実際は、そんな諸作品は未見だから、これ以上のコトは、ここでは書かない。いや、書けない。
表題に掲げた、マンガ『男おいどん (Otoko Oidon : The Man I Am) 』 [19711973週刊少年マガジン連載] の主人公、大山昇太 (Nobotta Ohyama) の事について記述する事にする。ちなみに、この連載では既に一度、プレゼンテイター (Presenter) として、こちらに登場願っている。

read a continuance of : "おおやまのぼった"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop