FC2ブログ

2013.01.22.10.13

とかげのしっぽ

叢や物陰にそれをみつけるやいなや、そうっとそおっと近づいて、行手を阻む様にして、頭の上から一気に押さえつける。
確かこんな獲り方で、彼らを捕まえていた様な気がする。
やつのおおきな瞳の視野に捉えられぬ様に近づくのも至難の技だし、しかも、頭部からとなると、その難易度は遥かに高くなる。
だけれども、全長の大半を占める尾を掴んでも、なんにもならない。
そいつは自ら尾を切って、見事に逃げ遂せてしまうからだ。

read a continuance of : "とかげのしっぽ"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop