FC2ブログ

2009.09.29.19.02

せをはやみいわにせかるるたきがわのわれてもすえにあわむとぞおもふ

11566月3日のことである。
その数日前から、時の権力者である鳥羽法皇 (Former-Emperor Toba) は病に倒れ、己の極楽往生を祈念する御万歳の沙汰を行っていた。そして、それにあわせるかの様に、武士団 (Samurai) が宮中の警備に就く。
その日、鳥羽法皇 (Former-Emperor Toba) の長子、崇徳上皇 (Former-Emperor Sutoku) が見舞いに訪れたが、何故か法皇 (Cloistered Emperor) は面会を拒絶する。

その時に崇徳上皇 (Former-Emperor Sutoku) によって詠まれたのがこの歌である。
と、解釈したいぐらい、怒りにも似た激しい感情の迸りを感じる歌なのだが、史実はそうはいかない。

read a continuance of : "せをはやみいわにせかるるたきがわのわれてもすえにあわむとぞおもふ"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop