FC2ブログ

2019.08.20.08.50

きんようびのてんし

ある特定の時代の特殊な層を題材とした楽曲である、そう認識していたから、この曲のカヴァー・ヴァージョンがある事を知って、驚いた。
ひとつは、面影ラッキーホール (Omokage Lucky Hole ) の楽曲『金曜日の天使 (Angels On Friday)』 [アルバム『代理母 (A Surrogate Mother)』収録 1988年発表] であり、ひとつはパスピエ (Passepied) の楽曲『金曜日の天使 (Angels On Friday)』 [シングル『ヨアケマエ (Yoakemae : Before Dawn)』 2016年発表] である。
ぼくが慣れ親しんだのは、それらのオリジナル・ヴァージョンである、近田春夫・アンド・ビブラトーンズ (Haruo Chikada And Vibra-Tones) による楽曲『金曜日の天使 (Angels On Friday)』 [作詞作曲:近田春夫 (Haruo Chikada 1981年発表 アルバム『ビブラトーンズ・ファン (Vibra-Tones Fun)』 1988年発売] である。

read a continuance of : "きんようびのてんし"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2019.08.13.11.02

きゅうせいき

なる語句で検索すると、有象無象 (Rabble) のモノ達がたちまち登場する。雲霞の如く (In Swarms)、と謂うのはインターネット (Internet) での検索に於いては如何なる語句であろうと当然至極ではあるが、その様はあたかも魑魅 (Chimi) 魍魎 (Moryou) の如くでもある。
ちなみに、その語句は正しくは吸精鬼 (Vampire : Vigor-sucking Daemon) [以下吸精鬼 (Vampire) と略す] と綴る。

read a continuance of : "きゅうせいき"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2019.08.06.14.54

うわき

興信所に、生活に疲れた乱れ髪の中年の婦人がきている。調査員が聞く。
「で、どうされました?」
「主人が ...」
「ご主人がどうされました?」
「浮気を! ワー」
泣き崩れる婦人を見て、困り顔で呟く。
「されるだろうなァ」

read a continuance of : "うわき"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2019.07.30.08.36

かねぼう

母方の祖母は健在だ。市営団地に一人で棲んでいる。ずっと昔から、少なくともぼくが幼い時分からだ。彼女とおなじ市営団地には、ぼくの母も居り、日常の生活には彼女が彼女の面倒をみている様だ。つまり、典型的な老老介護という事になる。尤も、その市営団地には、彼女の妹達3人のうちの2人、つまりぼくからみれば叔母達2人の家族も暮らしているから、万一の場合はそのいずれかが援助ないし介護にあたる事になるだろう。だから、長女としての務めに勤しんでいる彼女はいたって呑気だ。
ふたむかし前ならば小説『細雪 (The Makioka Sisters)』 [谷崎潤一郎 (Jun'ichiro Tanizaki) 作 19431947年発表] の様な物語にも、ひとむかし前ならばTV番組『渡る世間は鬼ばかり (Wataru Seken wa Oni Bakari)』 [脚本:橋田壽賀子 (Sugako Hashida) 19902011TBS系列放映] にもなりそうな題材にもあたるんだろうか?

read a continuance of : "かねぼう"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2019.07.23.08.44

はっか

喰べたいのはチョコ (Chocolate) かメロン (Melon) だ。レモン (Lemon) でもいいけどオレンジ (Orenge) は気が進まない。だって本物の蜜柑(Orenge) が食卓にやまと盛られてあるのだから。でも、出てきた以上はそれをほうばるしかない。
だけど、まっしろなハッカ (Peppermint) だけは嫌なのだ。

read a continuance of : "はっか"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2019.07.16.11.24

まっは

最初は15だ。次が7。そして2.2が登場する。
15と7のあいだには5を加えてもいいのかもしれず、勿論、15から7を経て2.2に至るまでのその間、幾つもの数字が登場した筈だ。ただ、ぼくが憶えていないだけの事である。

read a continuance of : "まっは"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2019.07.09.08.42

こだま

ザ・ホワイト・ストライプス (The White Stripes) の楽曲『ザ・ハーデスト・ボタン・トゥ・ボタン (The Hardest Button to Button)』 [アルバム『エレファント (Elephant)』 収録 2003年発表] のプロモーション・ビデオ (Promotion Video) をふと想い出して、もしかしたらこおゆう事なのかな? と想う。

read a continuance of : "こだま"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2019.07.02.08.44

まめおとこ

ないしは豆助 (Mamesuke)。
ネット上で豆男 (Mameotoko) で検索すると、些細な事にでも配慮が行き届く男性と出てくる。まめなおとこ (Methodical Man) と解したらしい。
同じく豆助 (mamesuke) で検索すると、柴犬 (Shiba Inu) の画像が勢ぞろいする。テレビ番組『和風総本家 (Japanese Style Originator)』 [20082018テレビ大阪制作] のマスコットであるらしい。
これから綴るのはそのどちらでもない。江戸時代 (Edo Period) は浮世絵 (Ukiyo-e) の登場人物、ひらたく謂えば、枕絵 (Pornographic Picture) や春画 (Erotic Picture) の類に登場する。

read a continuance of : "まめおとこ"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2019.06.25.08.50

けめだま

は妖怪、マンガ『ゲゲゲの鬼太郎 (Gegege No Kitarou)』 [作:水木しげる (Shigeru Mizuki) 1967~1969週刊少年マガジン連載]の一挿話『髪の毛大戦 (The Hair Great War)』 [1969年発表] に登場する。

read a continuance of : "けめだま"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2019.06.18.08.30

げきがだいすけ

は、マンガ『まんが道 (Manga Michi)』 [作:藤子不二雄A (Fujiko Fujio (A)) 19771982週刊少年キング連載] の前日譚であるマンガ『まんが道 あすなろ編 (Manga Michi Thujopsis)』 [作:藤子不二雄A (Fujiko Fujio (A)) 19701972週刊少年チャンピオン連載] の登場人物である。正しくは激河大介 (Daisuke Gekiga) と綴る。

read a continuance of : "げきがだいすけ"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop