FC2ブログ

2019.07.23.08.44

はっか

喰べたいのはチョコ (Chocolate) かメロン (Melon) だ。レモン (Lemon) でもいいけどオレンジ (Orenge) は気が進まない。だって本物の蜜柑(Orenge) が食卓にやまと盛られてあるのだから。でも、出てきた以上はそれをほうばるしかない。
だけど、まっしろなハッカ (Peppermint) だけは嫌なのだ。

read a continuance of : "はっか"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2019.07.16.11.24

まっは

最初は15だ。次が7。そして2.2が登場する。
15と7のあいだには5を加えてもいいのかもしれず、勿論、15から7を経て2.2に至るまでのその間、幾つもの数字が登場した筈だ。ただ、ぼくが憶えていないだけの事である。

read a continuance of : "まっは"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2019.07.09.08.42

こだま

ザ・ホワイト・ストライプス (The White Stripes) の楽曲『ザ・ハーデスト・ボタン・トゥ・ボタン (The Hardest Button to Button)』 [アルバム『エレファント (Elephant)』 収録 2003年発表] のプロモーション・ビデオ (Promotion Video) をふと想い出して、もしかしたらこおゆう事なのかな? と想う。

read a continuance of : "こだま"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2019.07.02.08.44

まめおとこ

ないしは豆助 (Mamesuke)。
ネット上で豆男 (Mameotoko) で検索すると、些細な事にでも配慮が行き届く男性と出てくる。まめなおとこ (Methodical Man) と解したらしい。
同じく豆助 (mamesuke) で検索すると、柴犬 (Shiba Inu) の画像が勢ぞろいする。テレビ番組『和風総本家 (Japanese Style Originator)』 [20082018テレビ大阪制作] のマスコットであるらしい。
これから綴るのはそのどちらでもない。江戸時代 (Edo Period) は浮世絵 (Ukiyo-e) の登場人物、ひらたく謂えば、枕絵 (Pornographic Picture) や春画 (Erotic Picture) の類に登場する。

read a continuance of : "まめおとこ"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2019.06.25.08.50

けめだま

は妖怪、マンガ『ゲゲゲの鬼太郎 (Gegege No Kitarou)』 [作:水木しげる (Shigeru Mizuki) 1967~1969週刊少年マガジン連載]の一挿話『髪の毛大戦 (The Hair Great War)』 [1969年発表] に登場する。

read a continuance of : "けめだま"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2019.06.18.08.30

げきがだいすけ

は、マンガ『まんが道 (Manga Michi)』 [作:藤子不二雄A (Fujiko Fujio (A)) 19771982週刊少年キング連載] の前日譚であるマンガ『まんが道 あすなろ編 (Manga Michi Thujopsis)』 [作:藤子不二雄A (Fujiko Fujio (A)) 19701972週刊少年チャンピオン連載] の登場人物である。正しくは激河大介 (Daisuke Gekiga) と綴る。

read a continuance of : "げきがだいすけ"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2019.06.11.08.40

めめくらげ

は、マンガ『ねじ式 (Nejishiki)』 [作:つげ義春 (Yoshiharu Tsuge) 1968ガロ掲載] に"登場"する。
"登場"と表記したのには理由がある。メメクラゲ (XX-Jellyfish) は実在しない架空の生物だからだ。
しかも単に、虚構の水母 (Jellyfish) と謂うだけではない。その虚構性は2重にも3重にもなるのだ。

read a continuance of : "めめくらげ"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2019.06.04.08.59

おろかものめ

と、謂って断罪するのはオロカメン (Orokamen) である。マンガ『デロリンマン (Derorinman)』 [作:ジョージ秋山 (George Akiyama) 19691970週刊少年ジャンプ連載 1975~1976週刊少年マガジン連載] に登場する。
彼は常に、その物語の主人公デロリンマン (Derorinman) を注視しており、彼の愚考や愚行に対して、厳しい言葉を投ずるのである。
そんな彼の存在があってはじめて、この作品は成立しているのかもしれない。

read a continuance of : "おろかものめ"

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2019.05.28.09.06

なぞのえんばんゆーえふおー

そのTV番組がなかったとしたら、日清焼そばユーホー (Nissin U.F.O Instant Noodle) [1976日清食品 (Nissin Foods) 発売] もピンク・レディー (Pink Lady) のヒット曲『ユーフォー (UFO)』 [作詞:阿久悠 (Yu Aku) 作曲:都倉俊一 (Shunichi Tokura) 1977年発表 [アルバム『ピンク・レディー ベスト・ヒット・アルバム (Pink Lady Best Hit Album)』 [1977年発表] 収録] ] も存在しなかったかもしれないし、たとえ存在したとしても、全く別の名称を与えられていたのかもしれないのだ。

read a continuance of : "なぞのえんばんゆーえふおー"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop

2019.05.21.08.51

ようかいきょだいおんな

ミスター・ビッグ (Mr. Big) の愛称で呼ばれる映画制作者がいる。バート・I・ゴードン (Bert I. Gordon)、その頭文字を捻ってそう呼ばれている訳だが、彼がそう呼ばれるのはそれだけが理由ではない。だからと謂って、尊大な態度で振る舞っていた訳でもないだろうし、大ヒット作を連発していた訳でもないだろう。
彼が制作した映画の大部分が、SF映画 (Science Fiction Film) ないし特撮映画 (Special Effect Film) であり、そのどれもに巨大生物 (Giant Creature) が登場するのである。
矮小な昆虫 (Insect)、非力な小動物、そんな生物達を悉く巨大化してみせた。それ故の、ミスター・ビッグ (Mr. Big)、なのである。

read a continuance of : "ようかいきょだいおんな"

theme : ふと感じること - genre :

i know it and take it | comments : 0 | trackbacks : 0 | pagetop